これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

映画『座頭市地獄旅』(1965年 大映)

 

善は急げ、悪も急げ。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20201116192857j:image

 

神保町シアターにて三隅研次監督『座頭市地獄旅』を鑑賞。盲目の侠客で居合斬りの名手である座頭市と将棋好きの浪人である十文字糺の対立を描いたアクション時代劇。座頭市シリーズの第12作目との事だが、本作が人生初座頭市に。視覚障害を抱えながら超人的な居合術で悪党を退治する市に対して「こんな形のヒーローが存在していたのか」と云う衝撃。そして、鋭利な刃物の様に怪しい眼光を放つ成田三樹夫氏演じる十文字の圧倒的な存在感に驚愕。あの得体の知れない怪しい色気は一体何なんだ(困惑)。

本作は、市と十文字の友情と敵対心、残酷な運命に対する葛藤と苦悩を描出する一方で、複雑な人間関係と繊細な心理描写が鋭い緊張感の中で克明に描かれた作品である。物語は、市が乗り込んだ江ノ島行きの船中から動き出す。船中、丁半博打のインチキを逆手に取って大金を手に入れた市は浪人の十文字糺と再会。と云うのも、2人は既に出会っていた。船に乗る前、足を踏み外して危うく水面に落ちそうだった市を十文字が手を差し伸べて救っていたのだった。市の腕前を認めた十文字は市を「ただの市」と呼び、将棋好きの共通点も相俟って親睦を深めていく。ちなみに本作に登場する「将棋」はゲームではなく賭け事の意味合いが強い。江ノ島に辿り着いた市は、船中で揉めたインチキ賭博の相手が馬入一家であった事を知り、親分の江島屋とその一味から襲撃を受けて指を折られそうになるが凄腕で返り討ちにした。しかし偶然騒動の場を通りがかった門付のお種に連れ添っていた娘のミキが巻き込まれて足を負傷。傷が悪化して破傷風になった。責任を感じた市は、十文字から譲り受けた十文叩きならぬ奇技と博打で資金を集めて得た破傷風の特効薬を入手。ミキの容態は回復に向かっていた。湯治場を求めて共に箱根へ赴いた市は、同じ湯治場で病を患う武家の友之進と従者である六平と出会う。友之進は父の仇を探す旅の途中であった。そこへ男装した妹の粂が友之進と合流し箱根を立とうとしていた矢先、何者かに六平が釣り糸の様なもので首を絞められて殺害された。六平は名も素性も知れぬ仇の顔を唯一知る人物であった。その後、六平の殺人現場である毘沙門の池で拾われた釣りウキと十文字が愛用していた釣りウキと重なった市は、十文字へ疑惑を抱き始める。そして友之進の証言により仇が将棋好きの浪人であり、特徴的な指し癖の持ち主だと知った市は十文字に対する疑念が確信に変わっていく。お種とミキ、そして十文字と共に宿を出た市は箱根の山中を歩いた。市と十文字は脳内将棋を指しながら互いに攻撃の機会を探っている。将棋の勝負が付いた瞬間、遂に最後の対決が始まった。

先ず、市について。盲目と云う障害を抱えながらも愛嬌があり愚図そうで実は超人的な能力を持つ意外性を兼ね備えた異色のキャラクターで、討ち合う運命となるニヒルな十文字に「好き」と云わせた上に殺した男の妻さえも骨抜きにさせる驚異的な魅力、そして冒頭で見せた完璧な殺陣や江島屋騒動でドロップキックを炸裂させる(驚愕)等、視覚障害を忘れさせる程の威力を持った彼ではあるが、一方で障害を持つ者の悲しみから来る孤独感や絶望感と云った奥底に眠る心情描写が露出したシーンが印象に残る。特に破傷風を負わせてしまったミキの為に苦労して手に入れた特効薬を湿地帯で落としてしまう場面。市の直ぐ隣に薬があるのに手探りで必死に探しても見つからない歯痒さは、盲目の苦痛を伴って胸に刺さる。変わって十文字。「謎の浪人」のポジションからして萌える。 彼は本作で数々の名言を残すが、代表は「善は急げ、悪も急げ。」そして「好きな相手は斬らんよ。斬っちまうと、この世の中で折角好きになった相手がいなくなっちまうもんな。」だろう。前者は善も悪も紙一重と云うメッセージなのか。後者の「好きな相手は斬らない」と云うのは市に対する好意を表明すると同時に市に心を許していた証拠。市とは敵として出会ったのでは無い。好意で繋がった仲である。現に2人は互いに助け合いながら、箱根まで旅路を共にしているのだ。時には市の用心棒として連れ添い、特効薬の資金調達の為に自らの仕事を市に与えた。特筆すべきは、市と将棋を行う際に市が盤の見えない状態で勝負しているのに自分が盤を見ている状態なのは不平等だ、と目隠しをして脳内将棋を展開する真摯な誠心。そうした他人への優しさを結果己の力として身に着けてしまう十文字の器用な一面に驚く。賭け将棋が原因で人を殺める程に負けず嫌いで残酷非道にも関わらず、親切で好意を寄せた相手には献身すると云った正反対の要素が共存した独特なキャラクター性。極端に例えたら二面性を持った人物であるが、そうなるとヤクザであり正義を守る市の人物像と重なる。2人は鏡だったのか。そして「ありがとう」と云う言葉の真価ここにあり。それにしても映画はやはり映画館で観るべきだと再認識。開幕ブザーの後、目の前に出現した夜景が劇場の闇と同化して殺気に包まれた錯覚に陥る臨場感は自邸のモニターじゃ無理だもの。首無し地蔵と座頭市の欠損同士を画面に収めた構図の美しさたるや………!

 

 

座頭市地獄旅 [DVD]

座頭市地獄旅 [DVD]

  • 発売日: 2017/03/24
  • メディア: DVD