これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

ドラマ

『幻之介世直し帖』に関して

無敵ヒーローの名に相応しい「はやぶさ」が登場する『幻之介世直し帖』の感想です。1981~82年放送、国際放映製作。1時間枠、全24話。 ↑ OPカットより。主演小林旭氏他レギュラー出演者のクレジット。捨松役の古城和孝氏がとんでもねえ美人で沸いた。 幕府改…

『電撃!!ストラダ5』に関して

任務に失敗した者は死刑、これが組織の鉄則だ! はい。日活と萬年社の製作による『電撃!!ストラダ5』の感想です。1974年放映、全13話。 ↑ タイトル、OP映像の一部、全13話のサブタイ、アイキャッチ。驚異の命令形率。「仮面をはげ!」が好き。 世界征服を企…

『白獅子仮面』に関して

シシクーーーーーーッ! はい。『白獅子仮面』の感想です。1973年放映、全13話。1クール終了。時代劇に変身ヒーローを加味した特撮時代劇。毎回異なる妖怪や怪物が登場します。主演の三ツ木清隆様の凛とした風貌と、妖怪達のユニークな造形の対比が絶妙なバ…

エスパー2号に関して

僕の少年愛は病気ではありません。よって治療も出来ませんし、回復もしません。(どこかで聞いた事のあるフレーズだ!) 一言にショタコン、と云っても様々です。僕は、第二次性徴期に萌えます。生きてる世界が異なる高嶺の花、純粋故の残酷な瞳、未発達で不安…

宇宙人ピピ

『宇宙人ピピ』とは、嘗てNHKで1965年4月8日~1966年3月31日までの間に放映されたSFドラマで、実写とアニメを融合する手法を日本で最初に発表した映像作品である。作家として名高い小松左京氏と平井和正氏によるSFタッグの合作で、主人公の「ピピ」は地球よ…

『恐怖のミイラ』1話~14話(完)/感想

1961年7月4日~10月3日までの夏期に日本テレビ系列で放映された連続テレビホラー映画『恐怖のミイラ』。 納涼番組として制作された本作は、高垣眸氏の短編小説が原作であるが、数頁の短編だった為、西村俊一氏(筆名:御手俊治)によって大幅に脚色が施され…

「戦え! マイティジャック」1話~26話(完)/感想

「マイティジャック」打ち切り放送終了後、時間枠を30分に変更、ターゲットを子供向きに変更するなどして、甚だしく設定変更が行われた「戦え! マイティジャック」。 マイティ号の搭乗員である「MJ」の存在を始め、敵対組織である「Q」の基本設定は引き…

「マイティジャック」1話~13話(完)/感想

正直な所、いくら駄文だとはいえ各話感想を残したいというのが本望だが、如何せん各話レビューするのが面倒時間がない(言い訳)ので、作品全体の感想を失礼致します。 1968年フジテレビから放映された、円谷プロ製作のSF特撮テレビ番組「マイティジャック」(…

快獣ブースカ「スピード銃に気をつけろ!」放映30話

快獣ブースカより、放映第30話(制作第30話)「スピード銃に気をつけろ!」の感想です。 「授業が早く終わって欲しい」ゾロ目の要望に応えて、大作は昨年から発明していた物体の動きを素早くする「スピード液」を完成させる。 同時にブースカとチャメゴンが用意…

快獣ブースカ「地底戦車タンクで探険」放映29話

快獣ブースカより、放映第29話(制作第29話)「地底戦車タンクで探険」の感想です。 大作が製作したSF映画「地底帝国の襲撃」を鑑賞したチャメゴンは地底帝国の存在を信じ切って自分も地底に行きたいと言い出す。 クラスメイトの頼みも加わり大作は皆の為に、…

快獣ブースカ「宇宙から来たんだ」放映28話

快獣ブースカより、放映第28話(制作第28話)「宇宙から来たんだ」の感想です。 いい子になる為に幼稚園に通う事になったチャメゴンは、園内で自分が"チャメ星からやって来た快獣"だと言うが誰にも信じてもらえず、特殊能力の変身を乱用して大暴れ。 大作はチ…

快獣ブースカ「ブースカ対チャメゴン!」放映27話

快獣ブースカより、放映第27話(制作第27話)「ブースカ対チャメゴン!」の感想です。 人間社会の常識知らずなチャメゴンは朝から洋服や楽器を盗んでやりたい放題。 ブースカ等は度重なる悪戯を止めようとするが、メチャ一味と手を組んだチャメゴンは遂に怒った…

快獣ブースカ「チャメゴン誕生」放映26話

快獣ブースカより、放映第26話(制作第26話)「チャメゴン誕生」の感想です。 「町内一周二人三脚大会」のレクレーションでトンカチさんに意地悪を言われ、どうしても弟が欲しくなったブースカの為に、大作は物体電送構成装置を発明した。 リスを物体電送構成…

快獣ブースカ「夢を食べちゃった!」放映25話

快獣ブースカより、放映第25話(制作第25話)「夢を食べちゃった!」の感想です。 「ジミー少年の冒険」と言う名の本に夢中な大作は、遂に夢にまで物語に登場する「壁の悪魔」が出現して白い壁を突破しておとぎの国へ行こうとする大作の行く手を阻む。 壁の悪魔…

快獣ブースカ「ぼくは一等賞」放映24話

快獣ブースカより、放映第24話(制作第23話)「ぼくは一等賞」の感想です。 校内発明展で5年連続一等賞を狙う大作が、人間が自由に空を飛べる「トンビラー」を発明した。 ブースカで飛行実験を行った所、実験成功。(実は、期待に応えたかったブースカがトンビ…

快獣ブースカ「ワッペン戦争」放映23話

快獣ブースカより、放映第23話(制作第24話)「ワッペン戦争」の感想です。 大作のクラスにやってきた金持ち転校生ツトム君がワッペンを配った事が原因で、大作のクラスはアンパン騎兵隊とビスケット騎兵隊に分かれて対立、元帥のワッペンを求めて戦争を控えて…

快獣ブースカ「大爆発! ご用心」放映22話

快獣ブースカより、放映第22話(制作第22話)「大爆発! ご用心」の感想です。 ニトログリセリンの50倍で東京半分を爆破させてしまう爆薬「QP液」を盗んで逃走中のタコ原タコ之助は、大作の父のクラスメイト・ヘソ山に成り済まし、屯田家に潜り込んだ。 ブー…

快獣ブースカ「ウルトラまんじゅうに突撃」放映21話

快獣ブースカより、放映第21話(制作第21話)「ウルトラまんじゅうに突撃」の感想です。 ボーイッシュで活発な女の子・虎子を女らしくさせようとメチャ太郎が大作へ「女の子らしくなる薬」の発明を提案。 大作は饅頭に似せた薬を発明するのだが、ブースカが誤…

快獣ブースカ「空飛ぶ円盤がやって来た!」放映20話

快獣ブースカより、放映第20話(制作第20話)「空飛ぶ円盤がやって来た!」の感想です。 円盤を目撃したメチャ太郎を誰も信じない姿を不憫に思ったブースカが大作と協力して偽物の円盤を作りクラスメート一同に披露すると、円盤への要望がエスカレートしていき…

快獣ブースカ「ブースカにまかせて」放映19話

快獣ブースカより、放映第19話(制作第19話)「ブースカにまかせて」の感想です。 一郎、次郎、三郎の元へブースカが家庭教師を務める御話。 問題児の三兄弟の元へやってくる家庭教師は兄弟のワンパクに耐え切れず、次々と辞めていく中でブースカは兄弟の悪戯…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『史上最大の侵略』(第4話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『史上最大の侵略』(第4話-最終回)の感想です。 主題となったウルトラセブン最終回「史上最大の侵略」(前後編)に合わせてゴース星人が登場。いつにも増して宇宙人のアクションが激しいのは気のせいか 恋愛と怪獣倶…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『さらばウルトラマン』(第3話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『さらばウルトラマン』(第3話)の感想です。 ウルトラマン最終回「さらばウルトラマン」に合わせてゼットンが登場。 第3話にしてやっと"怪獣"の登場だが、物語の締めに毎回御約束?だった怪獣(宇宙人)への恩義無し…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『セブン暗殺計画』(第2話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『セブン暗殺計画』(第2話)の感想です。 今回のテーマは、ウルトラセブン39話・40話「セブン暗殺計画」(前後編)よりガッツ星人。というよりフルハs 最終的には、前編でフルハシが彼女のナツコを照れ隠しで「妹の友…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『狙われた街』(第1話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『狙われた街』(第1話)の感想です。 本作は、1970年を舞台に一般的に"子供向けテレビ番組"と部類されるウルトラシリーズ、怪獣を愛して止まない青年達が集い「怪獣倶楽部」の制作過程を友情や恋を交えながら描かれ…

怪奇大作戦「白い顔」放映第3話

怪奇大作戦より、放映第3話(制作第2話)「白い顔」の感想です。 「一度だけで良い、御父様の本当の顔が見たい―」真っ直ぐな瞳で見つめる順子の先には、顔全体白い包帯で覆われたどう見ても様子が可笑しい父で有る水上博士がいる。 実験による事故で顔に大火傷…

怪奇大作戦「人喰い蛾」放映第2話

怪奇大作戦より、放映第2話(制作第1話)「人喰い蛾」の感想です。 スパイ追跡により手に汗握る怪奇アクション。 巧みな構成で徐々に暴かれていく陰謀、資本の過当競争を「現代の怪奇」と語る牧の台詞が斬新だ。 三沢の強引で暴走に近い単独行動を始めとした登…

快獣ブースカ「こちらブースカ! 110番」放映18話

快獣ブースカより、放映第18話(制作第18話)「こちらブースカ! 110番」の感想です。 愛しのジロたそが急成長した気がするんですが、ジロ吉愛好家の皆様如何でしょうか?(知らんがな ブースカが交通事故ゼロを目標に、町の交通安全運動を行う様子を評価した警…

快獣ブースカ「ブー冠・王冠・とんちんかん」放映17話

快獣ブースカより、放映第17話(制作第17話)「ブー冠・王冠・とんちんかん」の感想です。 異国の「ポリシア」人の登場によりエキゾチックな雰囲気を醸す、箱根のホテル(小涌園)を舞台とした王冠争奪戦が痛快な今回の本篇。 何を隠そう、西條康彦様ゲスト回で…

快獣ブースカ「氷河時代をふきとばせ!」放映16話

快獣ブースカより、放映第16話(制作第15話)「氷河時代をふきとばせ!」の感想です。 屯田大作氏、遂に人工太陽を作る! 氷河時代を思わせる程の大寒波に襲われる日本全土を背景に、ブースカを3日で氷人形にすると言う恐怖の“氷河魔女”の登場により幻想と現実…

快獣ブースカ「バラサで行こう!」放映15話

快獣ブースカより、放映第15話(制作第16話)「バラサで行こう!」の感想です。 ブースカに責任重大な御遣いさせるなよw 寄り道云々の前に金銭的な用件、しかも20万円を銀行から引き取る御遣いなぞ子供にもやらせないだろうよ(爆) だが、この一件で出会った通…