これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

星川航空を退職した一平くん

 

無鉄砲に開設した西條様のサイト、設立から2年経過してました。非公式としていますが、無礼にも西條様に概要を御伝えして、内容を(未完にも関わらず)チェックして頂いたので、一応公認?して下さってるのかしら。(ちゃんと確認しなさい) 僕1人じゃなくて、御優しい西條様ファンの方々の御蔭で成立してるサイトです。開設を公表しといて未完と云う無責任な状態なので、熱狂的な西條様のファンに刺されたとしても反論の余地がねえ。(更新率上げてくつもりでいるから許して) さて、本題です。『ウルトラQ』の中で一平くんは、星川航空のパイロット助手として淳ちゃんの補佐を務めています。そして後年、星川航空を退職した姿が付記されました。2003年放送のラジオドラマ『ウルトラQ倶楽部』上では、生まれ育った神楽坂でレストランカフェバー・ベムのオーナー。(奥様と共に経営) それから2年後の2005年に公開された金子修介監督のオリジナルDVD『ウルトラQ怪獣伝説 万城目淳の告白』上の設定では、金峰山・洞仙寺の僧侶に転職した。恐らく、レストランカフェバーのオーナーは、飯島敏宏監督による設定。住職は、脚本・構成の秋廣泰生氏だと思われますが。それぞれ、正確に円谷プロの公式設定。上述の通り、ベムは配役の西條様が生まれ育った神楽坂に存在する。そして、住職は「ゴメスを倒せ!」に登場した洞仙寺に務めている。小型飛行機のパイロット助手として全く異なる職種に転職したにも関わらず、オリジナルを意識した接点、何より配役が同じ西條様なので、僕は両方好きです。(演者の西條様も愉しそうだし。) 時間の経過から推測して、星川航空退職→奥様とベムを開店→(何らかの理由で)ベム閉店→僧侶に転職だと勝手に解釈してます。ベムのオーナー姿は、ラジオドラマと云う性質上、映像や写真が無いので、個々の空想に託される。僕は、『ウルトラマンマックス』第29話「怪獣は何故現れるのか」に喫茶バーの店員としてゲスト出演なされた西條様が正しくベムのオーナー像の具現体だと勝手に妄想。赤チェックの制服に蝶ネクタイが御似合いで、愛くるしい事此の上無し。ちなみに、1990年に公開された実相寺監督の「ウルトラQザ・ムービー」は、そもそも直属の続編だと認めていないのと、論点が外れるのでまたの機会に話しましょう。(「風見しんご版の一平くんを愛でる会」やりましょう。) と云う事で、西條様のサイトのフォトギャラリーを更新しました。映像化された僧侶姿の一平くんスチル3枚。→ https://saijo-yasuhiko.jimdofree.com/フォトギャラリー/

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20200331004421j:plain