これでもくらえ

独断と偏見で意見具申。主に鑑賞記録。日々研究。

映画『獣人ゴリラ男』(1956年 メキシコ)

 

フェルナンド・メンデス監督、映画『獣人ゴリラ男』(原題:『Ladrón de Cadáveres』)の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180415002124p:plain

 

【粗筋】― メキシコ・シティで殺害されたプロレスラー選手が頭に穿孔手術を施された奇怪な死体として発見された。

怪殺人犯を追うメキシコ警察のロブレス警部は、親友の無名レスラー・ギレルモを強力な無敵覆面レスラー「ヴァンパイア」と呼ばれる男に仕立て上げて、犯人を誘き寄せる囮捜査を開始するが、皮肉にもギレルモは犯人の凶行によって変死。

犯人の正体は、プロレスラー選手の死体を盗んでは動物の脳髄を移植し、最強の新人類創造と死の克服に執念を燃やす科学者であった。

科学者は、怪力を持つゴリラの脳髄をギレルモの脳髄に移植するのだが………

 

邦題のインパクト狡いよね

 

メキシコ製フランケンシュタインと呼称しても過言では無い、怪奇スリラー映画で、メキシコを舞台に、レスリングを組み込ん…いや、盛り込ん…いや、盛り盛りにした内容。

プロレスファン戦慄の獣人怪奇と云った所で、劇中もプロレスシーンを多くを占める。

プロレス鑑賞をしてたんだっけ?と、困惑せざるを得ない配分だ。

序盤の科学者がロトの押し売りするごろつきに変装して品定めを行う格闘技のトレーニング場の場面も強烈で「彼らは戦う前、正座して礼をする」と語られたリングの上で柔道(?)を行うシーンは、どんな顔をして観るのが正解だったのでしょうか。

中でも、対戦を控えた勝ち星ゼロのタイガーと図体がデカい強者ロボの騒動は妙に誇張されている点からの憶測で、てっきり如何にもゴリラなロボがゴリラ男に改造されるのかと思ったら、被害者には成るンだけど失敗に終わって、まさかの爽やかな二枚目ハンサム・ギレルモが、獣人ゴリラ男の正体と云う予想を裏切る結果だった意外性は、既成の枠に囚われない魅力を感じた。

人間とは醜いが故に、綺麗なモノを破壊する愉悦と快楽が深層心理として潜在していると思う。

上記に基づくと不徳な中年のオヤジがゴリラ男に変貌するよりも、綺麗で純心な青年がゴリラ男に変貌する方が、人間の核心に肉薄する正当な描写であるとも云える。

 

本作に登場する基地外博士を見て私は痛感した。馬鹿と天才は紙一重だと。

恐怖心を煽る実験台(別に回転はしなくていいけど)のセンスは評価するとして、ゴリラの脳髄だけを移植してどうして最強の新人類が創造出来ると思ったのか、そして肉体は人間なのに如何にしてゴリラの脳髄のみで怪力が備わったのか、彼は最強生物の創造者になりたかったのではなく、ただ単に最強のレスラーを育てたかっただけなのか

 

チンケな科学知識に対して奇跡的な実験結果によって誕生したゴリラ男。

見所を挙げるとすれば、短時間で繰り広げられる形態変化だろう。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180415143910j:plain

 

個人的見解だと、四変化。

左から第一形態、ほぼ人間。

第二形態、顔付きが獣っぽくなる。

第三形態、いきなり獣人感増進。涎の演出が傑作。(ポスタービジュアルとかDVDのジャケットはこれよね)

最終形態、・・・・・・(見なかった事にしよう)

まァ、獣人って事で確かに獣感はあるんだけど、ゴリラ感は、全然ないよね。

死の克服は成功を収めたけど、最強生物の創造としては失敗に終わったと云う点で、科学者の失敗作と云う事を意識して制作された造形だと仮定すれば感心なのだが。

 

ゴリラ男よりも、僅か3人であるのにも関わらず絶大な存在感を放った科学者を始めとする犯罪集団を尊重したい。

予行練習しまくったの?ってぐらい計画が順調すぎてチームワークも最高だったのに、死に方が全員哀れで好きだ。

1人は、警部に追われた所を撃たれ死に、1人はゴリラ男の登場によりパニックとなったレスリング会場で観客に踏まれ死に、科学者はゴリラ男の手によって磔刑を彷彿とさせる串刺しによって虐殺。

創造主である科学者を虐殺した後一瞬魅せるゴリラ男の動揺する表情が気掛かりだが、何を思ったんでしょうか。創造主と従者の間から生まれた何かしらの情念から?うーん、そりゃあないだろうな。脳髄はゴリラでも心は人間と云う表現なのか。

 

ゴリラ男を創造する過程で、科学者一味によるタブーで不道徳な行動は「犯罪」として評注されているが、プロレスに於ける利己的な不正行為や度重なる過失を犯す警部と云った、抵触しない罪業への批判精神を痛切に感じた一作だった。

そして最後には「故郷は地球」でのイデ隊員の言葉が頭を過る。

「犠牲者はいつもこうだ、 文句だけは美しいけれど」…

 

余談①:劇中でゴリラ(着ぐるみ)が登場するが、僅か3秒\(^o^)/

鳴声(本物?)の迫力に負けて着ぐるみのチープさ増大してて笑った。

 

余談②:ゴリラ男がリングに上がった時に脳に直接話しかける科学者のエスパー能力は一体?創造主だから?まぁガン無視されてたけど

 

 

 

獣人ゴリラ男 [DVD]

獣人ゴリラ男 [DVD]