これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

エルム/フォノシート「怪獣大画報」

 

エルム社の「怪獣大画報」を入手・拝聴しました。

パッケージと音盤のみの状態で入手。別途、絵本や冊子があったのか?ちょっと調べてみたけど不明。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180114214738j:image

 

A面、ドラマ①「4大怪獣の決斗」「♪ウルトラマンのうた」(1番のみ)ドラマ②「危うし!東京」
B面、「♪特捜隊のうた」「♪ウルトラセブンのうた」収録。

音盤にドラマ「ナレーター/小林昭二」と堂々誤植、聞いたところ正しくは浦野光氏だと思う。表紙絵は、前村教綱氏だろうか?セブンの手が指先まで美しい……

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180114214745j:image

 

オリジナルドラマ2本は、ウルトラマンウルトラセブンの登場無しで怪獣とナレーターで展開される。

 

「4大怪獣の決斗」は、遠い銀河系の星から地球を支配するよう指令を受けたバルタン星人とメフィラス星人が東海地方の海岸に着陸したのが事の始まり。

バルタンとメフィラスのコンビってどうも怪獣酒場が頭によぎってしまって…(自重)

地球征服の指揮官が気に成るところだが、突如ネロンガが出現、バルタン&メフィラス対ネロンガの戦闘開始。

地球破壊を目論む悪役がバルタン&メフィラスだとすれば、この世界に置いてネロンガは地球を守る正義の怪獣か?

2対1でも勇ましく戦うネロンガの雄姿に泣ける…

先攻に出たネロンガはメフィラス目掛け破壊光線で攻めるが、素早くかわされノーダメージ。続いて、バルタンに破壊光線を向けるも、いち早く攻撃したバルタンの冷凍光線が胴体に命中したネロンガは寒さで震え上がる!

と、そこに騒ぎによって目覚めたゴルドンが出現、バルタン&メフィラス対ゴルドンの戦闘開始。先攻ゴルドン、尾をメフィラスの胴に絡み付けて苦悶を引き起こした。

バルタンがメフィラスを助けようとした(萌えポイント)が、既に弱り果てているメフィラス。

怒ったバルタン(かわいい)が得意の分身術を使い、戸惑ったゴルドンとの間に一瞬、不気味な沈黙が流れる……そして、ゴルドンの尾がバルタンに飛んだと同時、白色破壊光線を発射するバルタン。果たして、どちらが勝ったか…!?(完)

ええ、戦闘結果は観客に丸投げするオチです。

4者衰弱はしているものの誰一人打倒した表現は一切無いので、空想次第でどーにでもなってしまうネ。

個人的に、寒さで震え上がっていたネロンガと弱り果ててるメフィラスに復活して頂いて、4大怪獣の大乱闘を魅せて頂きたいのだが…(爆)

 

「危うし!東京」は、兎に角レッドキングが東京で暴れるよ

冒頭で"怪獣の王様"と寛大に豪語している時点で何だかもう決着はついたも同然な気がするが、東京で大暴れするレッドキングの御相手に突如飛来した彗星怪獣ドラコ。

ここでは「忍者のように」と表現されるマッハ2の素早さを魅せるドラコが先攻。

鎌状の手でレッドキングの顔を掠るという、絶妙な威嚇!ハイセンス!オシャレ!

続いてレッドキングの攻撃。ドラコに向かって投げたビルの欠片が見事翼に命中。

地上に落下したドラコはレッドキングのパンチに完膚なきまでに傷めつけられ、ボールの様に小さくなって遥か彼方に飛ばされてしまった…(?)=結論:勝者レッドキング

レッドキングとドラコと言えば「怪彗星ツイフォン」で交戦済みで新味に欠けるものの、レッドキングの圧倒的強さを再確認。

羽ムシられなくて良かったね、ドラコたん