これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

サン企画/レコード「ひとりでもあそべる ウルトラ大怪獣レコード50音かるた」

 

サン企画、サンレコード「ひとりでもあそべる ウルトラ大怪獣レコード50音かるた」を入手・拝聴しました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180109022534j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180109022542j:image

 

A面、「♪ウルトラセブンの歌」「♪ウルトラマンの歌」ドラマ「怪獣島へ行く」
B面、「怪獣レコードかるた」(怪獣の鳴き声入り)収録。

かるたの読み手は『ママとあそぼう!ピンポンパン』のシンペイちゃんで御馴染みの坂本新兵氏が御出演。

 

A面のドラマ「怪獣島へ行く」は『ウルトラマン』より「怪獣無法地帯」のフィルムサウンドトラックを短縮版が収録されている。

編集が雑!とか言いたくないんだけど、雑!登場怪獣把握しないまま、ウルトラマンが登場して、気付いたら戦ってて、気付いたら帰っちゃって…唯一の救いが最後のキャップの名台詞の抜粋ってゆー(爆)

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180109022559j:image

 

自分のやうな孤独人間には大変嬉しいひとりでもあそべるB面の「怪獣レコードかるた」は付録の怪獣カード48枚を使って遊ぶ仕様なのだが、何を隠そう怪獣カード欠品の状態で購入した為に、遊べない事態発生\(^o^)/

仕方が無いので、音源のみを愉しむ事に(爆)

カードが48枚と言うので、登場怪獣も48かと思ったらシンペイちゃんが読んだのは46(内、3つは怪獣じゃないんだけどw)だった。

疑問は残るが、カードが欠品なので調べようが無い。先に進む。

登場怪獣は、(順番通)ガボラ、ダンカン、エレキング、ウー、ゴルドンミクラスガヴァドンピグモン、アイロス星人、テレスドンベムラー、ダダ、バルタン星人、サイゴ、メトロン星人ケムラーガッツ星人、ゴーガ、キーラ、ガマクジラ、ラゴン、チブル星人、ビラ星人、パゴス、ジャミラ、ダリー、ネロンガアントラー、プロテ星人、ドラコ、ペギラゴモラペスターゲスラジラースシーボーズカネゴン、ボーグ星人、リッガー、ガンダー、ケロニア、ギガス、ウルトラマンジェロニモンウルトラホークウルトラセブン

予想しない形で怪獣の鳴き声が挿入(レッドキングの鳴き声だけ異常に乱用)されていたのと、まさかの怪獣以外の登場に動揺が隠せないが、まァいい。先に進む。

一応かるたなので、怪獣の名前を読み上げる前の怪獣紹介の様な短い文章の工夫がユニーク。御気に入りは以下の2点。

「溶岩熱真っ赤に燃える おっきな都会もメーラメラ 地底怪獣テレスドン

「ネオニュートロンは御呼びでない 生まれる卵は虹の色 地底怪獣パゴス」

両方地底怪獣だ…

以上、46の札を約9分程で読み上げるもんだから結構急ピッチで笑った。取り札探してる暇ねえぞ。

 

かるたは欠品だったけど、もう1点の付録、怪獣ミニ図鑑はなんとか付属。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20180109022609j:image

 

絵は、奈加島繁治氏が描画。ちなみに表紙・絵は前村教綱氏でした。

筆が細く繊麗に描かれている前村氏に対して、コミカルで愛らしいタッチに仕上がっている奈加島氏の絵は親しみ易さを感じるね。