これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

ビクター/フォノシート「快獣ブースカ」(大スターの巻)

 

ビクターミュージックブック「快獣ブースカ」(大スターの巻) を入手・拝聴しました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171210010347j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171210010357j:image

 

A面、主題歌「快獣ブースカ」ドラマ「ブースカ大スターの巻(1)」
B面、ドラマ「ブースカ大スターの巻(2)」収録。※「ブースカ音頭」は挿入歌。
ドラマは、短縮化の際に生じる急展開に備えてか、ナレーションが加担されているが、テレビ版第14話「ブースカ踊る」(脚本:藤川桂介)のフィルムサウンドトラックが収録されている。

ナレーションの声の主は一体?恐らく、夢野さん(稲垣昭三氏)では無い。音盤にブースカスーツアクター、中村晴吉氏の名が刻まれてるの何故だ?(爆)

ナレーションで度々発言された「バラサ」が明らかに「シオシオのパー」の方が相応しい点、違和感。ブースカ語って結構雑なとこあるよね

益子かつみ先生によるドラマに沿ったオールカラーの漫画ブックレット付属。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171210012809j:image

 

下手くそな踊りを馬鹿にされた事で、ダイエットを始めたブースカがバレエ教室でスカウトされ、歌って踊る大スターになった「大スターの巻」(及び「ブースカ踊る」)。

この回は、メチャ太郎が病気(設定)で未出演の影響でサブという超絶かわいいゲストが登場、益子先生の漫画の中にも見慣れないキャラが登場しているので恐らくサブを意識して描かれたのだろう。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171211002953j:plain

 

フィルムサウンドトラックの場合、何と言ってもオリジナルのテレビ版とドラマに沿って丁寧に描かれた漫画とのシーン比較が楽しい。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171211004448j:plain

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171211004502j:plain

↑ 蒸し風呂の場面は、残念ながら音盤では省略。

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20171211004523j:plain

 

改めて、ブースカの世界観にマッチした益子先生の絵が如何に卓抜の腕前であるか痛切に思う。

言うに及ばず、映像とはまた一味異なる魅力に溢れたコンテンツである。

 

個人的に「俺達をこんな目に合わせて…バレエの稽古とは何事ぞ!」無駄にイケボなゾロ目の音声収録が熱い。

テレビ版の方では全く気にせんだが、音声のみ耳にすると変声済み故だろうか?す、すごく色気を感……なんでもありません。

前文の台詞以外にも、ゾロたその音声がやけに主張されている様に思えたが、贔屓耳か否や…