某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

快獣ブースカ「地底戦車タンクで探険」放映29話

 

快獣ブースカより、放映第29話(制作第29話)「地底戦車タンクで探険」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170917091730p:plain

 

大作が製作したSF映画「地底帝国の襲撃」を鑑賞したチャメゴンは地底帝国の存在を信じ切って自分も地底に行きたいと言い出す。

クラスメイトの頼みも加わり大作は皆の為に、地底戦車を製作しブースカ達と試運転を行うのだが………

 

今に始まった事じゃないが、大ちゃんが凄い。学校とか行かなくていいでしょこの人。

チャメゴン様が創造したイメージそのままの地底戦車を簡単に作ってしまう「DAISAKU MADE」に脱帽。

発明は言うまでも無いが、今回注目したいのは試運転で運転席にいたチャメゴン様の誤発進に未完成部分の不調といった数々のトラブルによって不安でパニックになる一同に対して冷静沈着で聡明、場の雰囲気を一転させる大ちゃんが秀逸だ。

大人しそうな顔をして「チャメゴンのせいだぞ!お前が失敗するから!」と感情的に興奮しているヒロシや泣きじゃくるミー子ちゃんの存在も相俟って、偉く逞しい大ちゃんの一面が主張されている。

 

登場してから我儘な強情っぷりを披露してきたチャメゴン様が、"誤発進させてしまった"責任を負うべく自ら体を犠牲にしてタイヤのチェーンに変身、「痛いよ~!痛いよ~!」と泣きじゃくるチャメゴン様が可哀想で可哀想で、見ていられん!

責められて直ぐに謝ったり、責任を追ったり、ブースカ御兄ちゃんのしつけもあってかチャメゴン様の成長を伺えるのは愉しみの一つになりつつある。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170917105238p:plain

 

地底戦車捜索隊が「地底帝国の襲撃」の地底人と類似(もはや同じ?)したガスマスクを装備した時点で予想通りのオチだったけど、落下した大ちゃん達よく生きてたな。

チャメゴン様が最後までトンカチさんを地底人だと言い張る描写は、"地底帝国はフィクション"だと主張しつつも、どこか肯定しているような印象を受ける。

"冒険には危険がつきもの"だからこそ面白いのだというのも、本作のメッセージだと思う。

それにしても「地底帝国の襲撃」は短時間にも人数不足にも関わらずアニメーションと実写の融合、ブースカとチャメゴン様の特性もしっかり描かれていて平和への祈りも語られていて良かった。終わり方のセンスもBGMも文句無しの出来栄えでしたな。

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX