某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

快獣ブースカ「チャメゴン誕生」放映26話

 

快獣ブースカより、放映第26話(制作第26話)「チャメゴン誕生」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170910001652p:plain

 

「町内一周二人三脚大会」のレクレーションでトンカチさんに意地悪を言われ、どうしても弟が欲しくなったブースカの為に、大作は物体電送構成装置を発明した。

リスを物体電送構成装置にセットした瞬間、突如雷雨が大作一同を襲い謎の生命物体が装置の中に入り込んでしまい………

 

※もう満田監督のSE使いが煩いってのは省略します(爆)

チャメゴン誕生と大々的なタイトルですが、チャメゴンは最後に御披露目程度の登場。

タイトル「トンカチの逆襲」でおk

「空飛ぶ円盤がやって来た!」で命を粗末に扱われたトンカチさんがブースカに意地悪を言ったり、ブースカの破壊的な念力を売物にしようと企てたり、弟をあげると嘘をついたり、見事にトンカチさんが闇堕ちしとるがな(ノ∀`)w

そして、ブースカの暴力描写が激しい(語弊)

雷雨を呼び起こす念力の衝撃と破壊力は想像を絶する仕上がりで、中でも怪しげで不気味で神秘的な雷雨雲の演出には見惚れてしまう。

「弟が欲しい」と言う一方的な欲望に背いた屯田一家への嫌がらせもなかなかユニーク陰湿でブースカの思わしくない精神状態が明白に表現されていたと思う。

 

問題のチャメゴン誕生のシーンは、謎の生命物体の存在もあってか誕生の期待よりも不安や恐怖の方が勝った印象。

事前に大作が装置の説明で「こっから出てくるんだよ」ってとこを完全無視してチャメゴンが爆誕したのは不覚にも笑った。

生まれて直ぐに「ぼく、チャメゴン」って既に名前も決まってるんかい!(爆)

 

今回、"兄弟"がテーマだからか心成しかジロチョロ兄弟を魅せる場面が多々見受けられた。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170910013209p:plain

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170910012409g:plain

 

演技かアドリブか、チョッカイを過剰に出すデブ餓鬼ゾロ目に対してチョロ吉を全力で守るジロたそが愛おし過ぎて、愛おし過ぎて………!!!!!(鼻血)

渡辺説十四クンは厳しくも優しい愛情でチョロ吉に接する兄貴を大変好演なされているよ、もう本当、必要以上にネ!

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX