これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

快獣ブースカ「夢を食べちゃった!」放映25話

 

快獣ブースカより、放映第25話(制作第25話)「夢を食べちゃった!」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170909230722p:plain

 

「ジミー少年の冒険」と言う名の本に夢中な大作は、遂に夢にまで物語に登場する「壁の悪魔」が出現して白い壁を突破しておとぎの国へ行こうとする大作の行く手を阻む。

壁の悪魔に、壁をぶち破らなければ3日後に必ず死ぬと余命宣告された大作を救おうとブースカはドリームマシンを使って大作の夢の世界へ飛び込むのだが………

 

夢を食べちゃった!(物理)

絵本(小説)の世界と夢の世界といったパラレルワールドがメインのファンタジー色が強い一作。

フィクションであろう本に登場する子役が外国人な点、より一層夢と現実の境界線を明確に示されている。

 

ギロチン教とは一体何だったのだろう(震)

今回、メチャが大作の為にあれやこれやと行動するのだがこのギロチン教祖のせいで全て空回りに終わっているのが何とも御気の毒。

今回は特に必要以上に気に掛けておられる。もはやライバルでも何でもない。

ただの大作キチガイそしてギロチン教信者。

日頃の行いが悪いと誰も信用してくれなくなる教訓だったのだろうか、メチャはただ嫌な奴として収拾が尽かないまま腑に落ちないエンディングを迎えたのだけ気掛かりである。

 

「壁の悪魔」が怖い大作と「亀」が怖いブースカが夢で四苦八苦する両者だが、まさかの亀がチョコレートで、ブースカが亀を食べると壁が破壊される(?)という謎のシステムで無事に壁の悪魔の退治に成功。目隠しとかマジで意味なかったな。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170910000128p:plain

 

壁の悪魔は実体が無いのが怖い。声のみで姿が見えないこその恐怖があった。

ブースカを恐怖に貶めた亀の軍団は、円盤群の様で熱くなってしまったのは内緒だぞ。某侵略者の効果音を流用してる点も見物!

 

おとぎの国は本の世界の話だと割り切ってしまえばハッピーエンドで良いが、死の恐怖を植えた壁の悪魔の存在意義やおとぎの国とは何を意味する場所だったのか深く考え込むと異色作に思える。(※ギロチン教含む)

兎に角、メチャに同情しちゃうよぼかあ!

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX