これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

映画「暗黒街の弾痕」(1961年 東宝)

 

岡本喜八監督、映画「暗黒街の弾痕」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170818030257p:plain

 

佐藤勝氏の爽快な音楽も相俟ってバイクと車の壮絶なスピードを魅せ、ラストまで喜八監督の独特なテンポが愉しいスパイアクション活劇。

 

或る日、電報より兄の急死を知った捕鯨砲練習所の指導員・草鹿次郎(加山雄三氏)は小松(中谷一郎 氏)から兄の死が高性能エンジンを狙った産業スパイの仕業では無いかと知らせを受ける。

盛り場で次郎は、大学時代の親友で現在は悪質トップ屋を勤める須藤健(佐藤允様)と再会。

健は、多方面に悪事を働く互栄経済研究所長・大鳥( 河津清三郎氏)とマルサンビル工事に関する暴力団・能中組、そして運転手・房州(堺左千夫氏)が黙秘する三角峠の秘密をネタに狙っていた。

間も無くして房州が何者かによって殺害され、健は房州が三角峠で起こった事件に関与していると推測。一方で次郎は、小松モーター研究所で設計図の買収を検討した互栄経済を見出し、尋ねるも大鳥の経済顧問・前川( 草川直也氏)から粗略な扱いを受ける。

その帰りに、殺し屋に襲われ掛けた次郎は大鳥が秘密に経営するナイトクラブ・パロゾンの存在を知り、乗り込むのだが………

 

加山雄三氏が演じる生真面目だが喧嘩が強い次郎と、佐藤允様が演じる如何にも乱暴でガメつい健の対照的な性格のコンビが非常にアトラクティブな本作。

ヤクザ色が強い「暗黒街の顔役」「暗黒街の対決」の前二作に比べ産業界に潜むスパイが主要に描かれている。

スパイモノとして話の筋道を立てた上で魅せる喜八監督のセンスに溢れたアクション場面が秀逸だ。

特筆すべきは、次郎と健が出会った盛り場で房州を巡り起こった能中組との乱闘。

ジャズテイストな音楽でテンポを付けつつ、盛り場の音楽(なんだこれは?演歌か?w)が入り混じって生まれる絶妙な雰囲気、このユニークで痛快なアクションは喜八監督の演出ならではと思う。

感情的に暴れ回るヤクザに対して、女将に損害賠償の気遣いまで行う余裕を見せ売られた喧嘩はしっかり買い受ける主演の二人が格好良過ぎるよ。

喧嘩モードに入る佐藤允様の雄叫びと狂犬っぷり堪らん…

女将から損害賠償の発表で"健ちゃんの借金"まで入れてしまう細工に登場人物の設定に入念な点が伺える。

 

加山雄三氏と佐藤允様の連帯感は言うまでも無く、個人的にパロゾンのホステス・トミを演じた水野久美氏と佐藤允様のカップルがとてつも無く好きだ。

トミの嘘を直ぐに見透かしてしまう健、御互い媚合わず飾り気の無い関係性が良かった。

兎に角、美人御二人が並んでいるだけで最高。存在感に満ちた画が印象的だ。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170818215245p:plain

 

そして今回もミッキー・カーチス氏は美味し~い役柄で御出演。

てか、三木って、名前がもう…(爆)

銃声が飛び交う修羅場でも地に足の付かない不思議君を最後まで好演し切っている。

それにしても狙っていた獲物が偽物だというオチはありがちだが、正月映画に合わせてか「謹賀新年」のフェイクは笑った。

ミッキー・カーチス氏の「おめでとうございます」が安定の癒しトーンで萌える。

他、登場人物はヤクザ側にしろ警察にしろ、喜八監督作は毎度の事、人物像の描写が深い様に思う。俳優の魅力が引き出されている。

後付けになってしまい恐縮だが、三橋達也氏の正義感溢れる爽やかな刑事役も絶妙でしたな。

クライマックスでは序盤で散りばめた細やかな伏線の回収が見事。

野球ごっこで締め括る演出は、清々しい青春映画でも見ていたかの様に錯覚した。

次郎と健、末永く爆発しやがれ!

 

余談、 序盤で中谷一郎氏が被っていた帽子が気に成る。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170818222938p:plain

 

どう見ても星川航空…

 

 

 

暗黒街の弾痕 [DVD]

暗黒街の弾痕 [DVD]