これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

映画「暗黒街の対決」(1960年 東宝)

 

岡本喜八監督、映画「暗黒街の対決」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170815230149p:plain

 

組長と妻の敵討ちを企てる元小塚組の堅気と、暗々暴力団撲滅に務める刑事の奇妙な友情を描きつつ粋なユーモアが痛快なアクション快作。

 

暴力都市「荒神市」では新興暴力団の大岡組と古手の小塚組が荒神川砂利採取権を巡って争っている最中、東京から札付きの汚職刑事・藤丘(三船敏郎氏)が左遷された。

藤丘は偶然、元小塚組の幹部で現在は足を洗って酒場の経営を勤める村山(鶴田浩二氏)と出会い、大岡組の親分・大岡(河津清三郎氏)から奪って結婚した妻が大岡組の子分・仁木の手によって交通事故に見立て轢き殺された事実を知る。

市会を動かして小塚組から砂利採取権を奪取した大岡組は村山の酒場を襲撃、小塚組の親分・小塚(田崎潤氏)を殺し屋の手で射殺させた。

親分の仇を取るべく立ち上がった弥太(佐藤允様)を始めとする小塚組が砂利場に集合するも、大岡組に先手を取られ全滅してしまい………

 

 安定の喜八スタイルで走り出した本作の魅力は、正体を明るみにしない藤丘と村山のドライな関係が描く友情にスポットを当てつつも、藤丘に対する仁木の妹で大岡組サイドのサリー(司葉子氏)の淡い慕情、暴力団の幹部や子分、殺し屋、警官といった岡本喜八監督作常連俳優等の個性が眩しい演出。

兎に角、殺し屋(大好物)天本英世氏、若松彰氏、高木弘氏+ミッキー・カーチス氏の4人組が奏でる死のコーラスが最強に強烈過ぎた。

皆音痴という萌えポイントを押さえつつ、ダークなライティングと色遣い、拳銃にも見えるギターを抱えたシルエットのセンスが秀逸。こんなんキャバレーで出てきたら怖いよ。帰るよ。

改め、岡本喜八監督に料理された天本英世氏の耀かしい存在感に度肝を抜かれたのは言うまでも無い。

そして我らが小塚組の粋な子分・弥太演じる佐藤允様は親分思い、仲間思い何より村山思いで只管「やだ!」と駄々を捏ねる愛らしい子分を好演。

容姿もこの頃はほんのり痩せておられて美しさ爆発してますなァ(惚れ惚れ)

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170816022316p:plain

 

それにしても、小塚組全滅戦が予想通りの呆気無さで酷い。

人数的にも戦力が圧倒的に不利なのに弥太の無謀なチャレンジ精神は一体何処から…(爆)

 

ラスト、警察の出動と大岡邸襲撃、藤丘と村山の一騎打ち対決まで手に汗握る展開が非常に豪快。

どう転がっても可笑しくない状況に緊張感が漂う中で、村山を逮捕したくない余りに大岡を庇う村山の図は藤丘なりの最善の行動だと頭で理解していても衝撃的だった。

大岡に向けて拳銃を打った後の村山の表情が、達成感や安堵の表情とは違う、何処か後悔の念を感じる複雑な面持ちが興味深い。

そして、藤丘と村山の一騎打ちで、忘れた頃に登場する平田昭彦様(即死)

村山が藤丘を庇って打たれ愕然とする感慨深い場面だが、村山の「あいこだよ」で笑ってしまう。"借りを返した"という概念は理解出来るが、じゃんけんで掛けんでも……

村山が撃たれたのは、藤丘の弾では無くて天堂(平田昭彦様)が撃った弾だったと信じたい。

最後に、ミッキー・カーチスの「柴田さん、ちょっと!」は、美味しかったなァ。

被害者がずっと上品で硬派な幹部を演じていた中丸忠雄氏だっただけに落差が激しかった…(笑)

 

最初に繋がるユニークな乳首幕閉じが清々しい余韻を残す。

村山は復讐を果たせたし、藤丘は暴力団撲滅出来たし、綺麗なハッピーエンド。

 

余談、河津清三郎氏と田崎潤氏が並ぶとかなり似ていて、地位も同じで混乱してしまったのは内緒だ。実は裏設定で兄弟だったりね?w

 

 

 

暗黒街の対決 [DVD]

暗黒街の対決 [DVD]