某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

映画「日蝕の夏」(1956年 東宝)

 

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。

堀川弘通監督、「日蝕の夏」の感想です。
 
f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170610234411j:image
 
同題の原作者である石原慎太郎氏が脚本(井手俊郎氏と共同脚色)、主演と3役を務めた愛憎劇。
 
オートバイやモーターボード、サッカーを興ずる三島家の次男・直樹(石原慎太郎氏)は、裕福な家庭で生まれ育った。
女中を従え、何不自由無く父の浩三(山村聡氏)、母の明子(三宅邦子氏)、兄の正樹(平田昭彦様)と暮らしている。
直樹は、正樹の婚約者である妙子の父親が事業を失敗した事を理由に婚約破棄、間も無くして由美子と婚約する冷酷な行動に不信感を抱く。
妙子は直樹の唯一無二の友人である礼一(本郷淳氏)の姉であった。
或る日、幼い友達の杏子(司葉子氏)と恋仲へ発展するのだが、信州へ向かった杏子は行先の偽装が発覚、礼一と結ばれていた。
そして、正樹の婚約者だった妙子と父・浩三の不倫現場を目撃した直樹は正樹の再婚約の裏側を知り、全ての憎しみは父へと仕向けられる。
直樹は憎悪に任せて父の車の車輪のネジを全て抜き取った翌朝、部屋で見知らぬ男性と母・明子が抱擁を交わしていた。
事情を全て知った直樹は、程無くして父が転落事故で重症を負った知らせを聞き………

 

石原慎太郎氏の演技が酷いなおい

少しばかし前に観た「接吻泥棒」で観ている筈なんですけど、僅かな台詞だったからなのかそんなに気に成んなかったのか…今回酷いなおい(2回目)

素人が良し悪しを言うのは図々しいと思うので控えるが、彼の演技は非常に苦手だ。容姿も苦手だ。

直樹が社会(と言うより愛?)に対して抱いていた感情が次第に憤怒しながら破綻していく場面の数々は「虚偽に塗れた世界」に葛藤する青年として重々しくピュアであって欲しい所だが、棒読み・真顔で通されてしまっちゃあ興味深い問題がテーマなだけあって非常に残念です。

絶対に恰好良くてはならないオートバイとモーターボートを乗り回すこれがまた無駄に長いシーンですら絵に成らないという地獄。退屈で寝そうになったのは内緒だゾ☆

ただ、本作の主役で有る直樹の設定年齢に見合った母性本能をどつかれまくる甘え上手な雰囲気は醸し出されていた。直樹はニートかな?いや、学生か…

 

謎の存在に終わった突如直樹の前に現れた節子(高峰三枝子氏)は、直樹の周りに有る悪事を悉く直樹に知ら占めた天使のような悪魔の笑顔(どこかで聞いた事のあるフレーズ)で理想の世界から現実の世界へ貶めた魔女の様な女性だった。

これは勝手な主観だが、母・明子の投影にも思えて仕方無い。

他人にしては、極似な点と現に不自由無い直樹は愛情の飢えを抱いている様だった。

その愛情を最後まで信用し合っていた母に訴えたのではないか…と思う。(マザコン案件)

明子は、直樹の理想の愛を擬人化した様な存在だったのでは無いのか。

 

そして何より、佐藤允様が最高に美しかった。

大好物の狂犬モードで大変、大変、満足。(迷ったけど観に行って良かった)

直樹のサッカーチーム兼不良仲間として御出演されとるのだが、サッカーユニフォーム(腹部の露出有り)に海パン披露って鼻血滴れてしまいますわこんなん!

直樹と偶然出会った時のバイク姿も堪らないのだが、その後に直樹に思いっきり顔を近づけてまこっちゃんスマイル振り撒くのほんと無理。社交ダンスの色気にも痺れたよぼかあ…

自暴自棄になった直樹と一騎打ちする白熱のバトル!と思ったら、なんだこの訳わからんマンボなゲームは

本当に何度も言っちゃうけど、威厳もクソも全くねえ石原慎太郎氏の演技が酷くて佐藤允様の方が存在感も独特な雰囲気も断トツに勝ってしまっていて主役どっちだっけ( ゚д゚)?ってなったわ。

フィルムの劣化が激しくて杏子を迎えに行く場面からモーターボート搭乗の流れが丸ごと抜けてたのは残念だったな~