某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「猿人ジョー・ヤング」(1949年 RKO)

 

アーネスト・B・シューザックが監督、ウィリス・H・オブライエンと弟子のレイ・ハリーハウゼンが特撮を務めた、映画「猿人ジョー・ヤング」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170522091153p:plain

 

「キング・コング」(1933年)のスタッフが再集結し、製作された大傑作。

悲劇的な結末を迎える「キング・コング「コングの復讐」と異なり幸終に仕上がっている。

 

物語の始め、少女ジルは母を亡くし、仕事で忙しい毎日を過ごす父と2人でアフリカのコンゴに暮らしている。

ある日、原住民からゴリラの子供を買い取りジョーと名付けて育て始めた。

12年後、ハリウッドのナイトクラブ経営者・オハラはショーで出演させる猛獣探索の為に冒険家のカウボーイ・グレックと共に出向いたアフリカで成長したジョーと美しい女性に成長したジルと出会い出演者としてスカウト。

6ヵ月前、父をも亡くしたジルは目映い外の世界に憧れを抱き、オハラの甘い説き伏せを素直に受け止めアメリカへの移住に胸を弾ませるが、ショーに出演するも思い描いていた理想と異なり、ジョーは見世物として日々檻に閉じ込められ、ジルはジョーを手懐ける唯一の人間として利用されているに過ぎなかった。

故郷のアフリカへの想いが強まっていた夜、酔客の暴行に怒ったジョーはナイトクラブを破壊、大騒動となる。

甚大な被害を与えたとして遂にジョーに射殺命令が下され………

 

本作を鑑賞した後、普通にゴリラを飼いたいと思った。(無理)

島に住んでいる野生のゴリラでは無く、人に育てられたゴリラという愛くるしい設定から優しさに満ちたジョーはジルから「ペットではなく友達」と呼ばれている。

正しく、天涯孤独になったジルにとってジョーは唯一の友達であり、家族だったのだろう。

度々作中に登場するジョーが子供(まだ赤ん坊)の頃に聞かせジョーの御気に入りだという「ビューティフル・ドリーマー」の温かなオルゴールの音色が、色褪せない二人の関係そのものを物語っているように思えた。

ナイトクラブで初披露の際に、アレンジが加わった上記の曲をジルがピアノで弾き、ジョーがピアノとジル共々下から持ち上げて登場する華やかなシーンは特に印象に残っている。

 

大騒動の元種と言っても過言では無いオハラが完全な悪役で無く、最後には率先してジルとジョーをアフリカへ帰そうとする憎めない人物像であるのは魅力的だ。

それ以上に、ナイトクラブの観客の低劣さを表現した描写が秀逸で、動物を犠牲とした興行に協力している観客の間接的な悪というものが良く表現されていたと思う。

特にショーも17週目となった頃、チップを投げてジョーがキャッチしたらシャンパンプレゼントなんて如何に状況が悪化しているかショーの内容で伺えた。

嫌がるジョーと無理矢理舞台に立たされているジルをお構いなしに大笑いしている観客には、大層気分を害したものだ。

そして、ジョーと綱引きをした世界で集めた10人の怪力ワロタ

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170522110845p:plain

 

個々丁寧に怪力自慢をするのだが、どれも地味過ぎるだろうよ。だいたい鉄を捻じ曲げてるだけや。

「殺し屋」とか悍ましい肩書があるものもいたが、スウェーデンの天使って何よ

ジルの言う事に従い、人間に対しても温和な態度を見せるジョーも本性は怪力なゴリラで、馬やライオンを相手に大奮闘する姿は見物である。

やはりナイトクラブでの破壊活動も踏まえたライオンとの格闘は思わず息を呑んでしまったが、西部劇さながらのジョー捕獲進撃の迫力には大興奮だった。

実写の合成も見事で、特に画面前を横切る騎手の人形は実写なのかと目を疑う程。

 

射殺すべき拳銃を構え警官が追ってくる中、孤児院の火災を救出する場面は涙無しでは見れない。

警官に撃たれてしまう、火災に巻き込まれてしまう、ジョーが死んでしまうのではないか……様々な感情が渦を巻いた。

一刻を争う中で救出に向かった孤児院という舞台は、同じ境遇に居た子供達を思ったジルの意向に違いない。

建物の崩壊と燃え盛る炎にはただただ驚愕。

本当に今から約70年前の映画なのだろうか?

あの強烈な情景の中に、ジョーが正しく完璧にシンクロしているのだ。

命懸けの救命活動に衰弱しているジョーの姿も抜かりない。

 

ラストのムービーレターで序盤でジルがジョーにオルゴールを聞かせていた時の様な、心温まる気持ちが蘇ってきた。

ジルとグレックの見真似でぎこちなく手を振るジョーが愛くるしい。ゴリラ飼いたい。

 

 

 

猿人ジョー・ヤング -デジタルリマスター版- [DVD]

猿人ジョー・ヤング -デジタルリマスター版- [DVD]

 
猿人ジョー・ヤング [DVD]

猿人ジョー・ヤング [DVD]