読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

勁文社フォノシート「ウルトラQ」(ペギラが来た)

 

勁文社フォノシート「ウルトラQ」(ペギラが来た)を入手・拝聴しました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100650j:image

 

ドラマ「ペギラが来た」、主題歌「大怪獣の歌」「ウルトラマーチ」を収録。
フォノシートと別に、数ページのブックレットが付属しています。A4サイズ。

「怪獣ペギラ コミック・ゲーム折込つき」なる魅力的な特別付録は残念ながら、欠品の状態で入手。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100655j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100730j:image

 

本篇で、越冬隊・野村隊員が謎の失踪を遂げた南極基地へ取材に訪れた万城目淳が週刊誌記者という設定変更もあるが、脚本はテレビ番組の内容と同様。

ナレーションは、俳優で声優の文部おさむ氏が務めている。

短縮しているにも関わらず、除かれてしまっても無理も無いが、重要な野村隊員への慈悲が音楽で表現されており感銘を受けた。

ちなみにあくまで怪獣が主流なのだろう、ブックレットでは序盤で野村隊員に関して触れているにも関わらず、サブの一件も略され、綺麗にまとまっているものの不完全燃焼に終わっているのが残念だ。

 

ブックレットの方は、ドシリとした重圧な体格、鋭い爪や牙が悍ましく表現されている。焦点に顔を当て迫力を限度一杯に現したページが凄烈だ。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100748j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100800j:image

 

微妙なリアクションやめろ

 

てか、左のオジサン誰?w シュールなイラストも嫌いじゃない自分です。

本篇で十分に御目見しなかった極地観測船「たか丸」のカッコ良さ、曲線の美しさが十分過ぎる程に伝わるイラストは秀逸だ。怪獣のみならず、船や戦闘機に対しても熱を感じる。

そして何より、ラストのページには度肝を抜かれた。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170501100824j:image

 

ペギミンHを積んだ特殊ロケットを受けて飛び立っていくペギラ

美しいオーロラと南極の脅威ペギラのコントランスが、魅惑的なセンスで芸術をも感じ、筆舌に尽くし難い…