某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

快獣ブースカ「氷河時代をふきとばせ!」放映16話

 

快獣ブースカより、放映第16話(制作第15話)「氷河時代をふきとばせ!」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425184102p:plain

 

屯田大作氏、遂に人工太陽を作る!

 

氷河時代を思わせる程の大寒波に襲われる日本全土を背景に、ブースカを3日で氷人形にすると言う恐怖の“氷河魔女”の登場により幻想と現実が入り混じった異色な作品に仕上がっている。

氷河魔女の強烈な存在感が、得体の知れない氷河時代への不安感や恐怖をより一層高めていた。

 

快獣とだけあってか、今回頻繁に登場したブースカのクシャミは独特。

表現しようともなかなか難しい。とんでもない屁って感じかな(?)

人間以上に寒がるブースカの様子を見て気に成って調べたらイグアナって寒さに弱い動物だという事が解った。設定が細かい。

 

余りの寒さに震えるブースカを冬眠させようという大作一同が御別れをする場面は、子役の涙の熱演も加わり絶妙に泣けるのだが、ブースカ「鼻水が凍ったら痛いよ」で吹いた

考えても見たら、大作達はかなりシビアな選択に迫ったなと思う。春が来たら、ブースカは冬眠から覚めるが、このまま氷河時代に突入してしまったら……残酷だ。

 

何より今の御時世だと児童ポルノ案件になりそうな、メチャ一味の入浴シーンが最高。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425191532p:plain

 

最初に触れた様に、今回特筆すべきは大作の人工太陽の発明だ。

近所の婆さん共や母は大作の超劇的な発明を讃えなければならないと思うのに、苦情する一方で残念である。

 

結局の所、氷河魔女はブースカの寒さに対する恐怖の実体(幻覚)だと言うのが自分の見解だが、大作の夢に出てきた点や、温泉を物理的に凍らせた点など、どうも幻覚に止めるのは合理性に欠ける。

最後は寒くとも「運動すれば体が暖かくなる」と言うメッセージから、青春ドラマの様な走りを見せる二人が微笑ましい。

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX