某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした極一部の特撮、旧邦画の鑑賞記録など。

快獣ブースカ「バラサで行こう!」放映15話

 

快獣ブースカより、放映第15話(制作第16話)「バラサで行こう!」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425180014p:plain

 

ブースカに責任重大な御遣いさせるなよw

 

寄り道云々の前に金銭的な用件、しかも20万円を銀行から引き取る御遣いなぞ子供にもやらせないだろうよ(爆)

だが、この一件で出会った通りすがりの御爺さんから「親切」を学んだブースカが親切運動を行うのだが、失敗したり御節介に発展したりと、親切が良い方向に捉えられない問題に直面する。

今回は、ブースカの実体験を通して親切が良いものでは無く、時には迷惑に展開してしまう教訓的な内容だ。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425181822p:plain

 

作中にも、親切が非常に良い事だと思っていたブースカが疑問を抱く場面がある。

今回の見所と言っても過言では無い、建物破壊のガレキの上で細やかに悩むブースカはどこか哀愁漂い一瞬ではあるが、感慨深いワンシーンだった。

 

ブースカの秘法「ナイナイのパー」は、毎度ナイナイパー錠を服用しているのだろうか、それとも超能力の一部なのだろうか。それにしても今回も含めて「スパイをやっつけろ!」以降、度々使用されている。

今回初登場だった、尻尾を利用した嘘発見機的な特殊機能は笑った。機能無限大過ぎる。

 

ハッピーエンドの迎え直後の終盤に起こった、強盗集団のアクション劇が痛快でコミカル。バク転とか絶対要らんやん

埋蔵金奨学金に使用する事を希望したブースカの親切心に対して、メチャの「見習わなければならない」と言う台詞は観客に対してのメッセージ性を感じた。

大作ではなく普段悪ぶっているメチャが発言したからこそ、生きた台詞だと思う。

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX