読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

快獣ブースカ「マッハ・ブースカ号」放映13話

 

快獣ブースカより、放映第13話(制作第13話)「マッハ・ブースカ号」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425000814p:plain

 

飛ぶのは反則だろうよ

 

大作が発明した自動車「ブースカ号」に対して、今回初登場のメチャ兄貴(小沢直平氏)が乗るスポーツカーがブースカを賭けたレースを挑んで来た。何でこういう時に限って黙り込むんだブースカ

ブースカガス」と呼ばれたブー冠のエネルギーを利用して稼働するブースカ号は、ブースカの調子にシンクロする特殊な車体に仕上がる。ブー冠に取り付けられた装置がおっかねえ

それにしても、子供のレースにそこそこ正装に扮した大人達が御祭り騒ぎ状態なのが凄い。給食と掃除当番とブースカを賭けている事を知ったら、直ぐに中止しそうな気もするが(爆)

衣装と言えば、メチャと大作のレーサー服が決まっている。

主役なのに裸(語弊)なブースカが残念だ。

 

ホテル・マウント富士を目的地としたレース途中では、制限速度を守ったりパンクした通りすがりの車を救出したりと、ブースカの美学に溢れた描写が印象に残る。ただ、

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170425100644p:plain

 

飛ぶのは反則だろうよ(2回目)

 

確かにメチャの亀攻撃や煙幕攻撃もグレーだが、余りにもハンデが大き過ぎる。

 

ブースカ号の運転席突如現れた新聞屋のゴンスケさんも衝撃的。

それ以上に、スクラップ工場に務めているにも関わらず運転が出来ない大ちゃん父ェ…

そもそもブースカのブー冠が直接操縦桿になっているのであれば、運転手は要らn

 

そして、ブースカ号の造型がユニークで面白い。メチャ一味のスタイリッシュなスポーツカーよりもトキめく。

ベースは廃車にしろ、ブースカのエンブレムや愉快なナンバープレート、落書きを施した様なボディなどから、あくまで製作は大作達を思わせる出来栄えが秀逸だった。

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX