読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

ビクター/フォノシート「ウルトラQ」(海底原人ラゴン)

 

ビクターミュージックブック「ウルトラQ」(海底原人ラゴン)を入手・拝聴しました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014346j:image

 

ドラマ「海底原人ラゴン」、うた「大怪獣の歌」「ウルトラマーチ」収録。

フォノシートと別に、数ページのブックレットが付属しています。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014356j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014408j:image

 

ドラマは、テレビ番組版の脚本を凝縮した内容です。一平くん未出演解せぬ

代わってブックレットの方は、フォノシートで凝縮されたドラマを更に凝縮+微妙にニュアンスのアレンジを施しているので、異なる点を比較しても面白い。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014424j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014437j:image

 

毎日新報の淳(?)

無理も無いけど星川航空パイロットの設定が勝手に抹消されてて笑った。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014453j:image

 

まるで小学生が自由研究に手を出すかの様な、石井博士の台詞がユルい。

 

ラゴンに捕まった漁師が大規模に掲載されているページでは、漁師の衣類に違和感。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170422014506j:image

 

こんな御洒落スーツきた漁師はイヤだ

もはや漁師に不釣り合いな風貌が気に成り過ぎてラゴンの巨大な手にも目がいかん…

 

登場怪獣のラゴンの画に対しては、設定に忠実でしっかり雌として描写されている上、ドラマの内容には存在しない巨大化(後にマンで再登場した「大爆発五秒前」では原爆の影響で巨大化しとりますが)を表現しており迫力が強まっていて良かった。

ただ、人間側の画は個性が完全に迷子で誰が誰なのか判断に困ったがな\(^o^)/