某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

快獣ブースカ「スパイをやっつけろ!」放映7話

 

快獣ブースカより、放映第7話(制作第10話)「スパイをやっつけろ!」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170414012058p:plain

 

大作の発明には度々驚愕させられるのだが、今回は更に度肝を抜く発明品が登場する。

宿題をやらず先生から罰を受けない為に開発した「透明人間になる薬」だ。

夢の様な大規模な発明品と比べ、開発理由が下らないのがお約束になりつつある(爆)

そして"透明人間になる薬"通称「ナイナイパー」錠は、何故かブースカにしか効果が発揮されず、他の者が服用すると硬変してしまう。寛大に何でや

強制的に実験台にされたブースカが可哀想で成りません。(マジレス)

 

一変、国際オモチャスパイ団の000・ゴネリーが「日本一珍しい玩具」を盗むべく日本へ来日した。

怪しいゴネリーを尾行しようと小サイズに化けたブースカを御喋り人形と勘違いしたゴネリーは、大作の元からブースカを盗み、序にナイナイパー錠と大作の宿題を窃盗。

ブースカの高機能ぶりに感動したゴネリーは本部へ報告した所、現物を見ても居ないのに高評価されブースカを持ち帰る事に決定。

 

ブースカはゴネリーの元を逃走し大作に報告するが追って来たゴネリーの秘密兵器によって両者とも撃沈。再びブースカは盗まれてしまう。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170414021324p:plain

 

だが、そこでへこたれる大作様では無い。

探知機付きの小型ヘリを巧みに操縦してゴネリーに攻撃を加える大作だが、またしてもゴネリーの秘密兵器(一番攻撃力が高い)の光線が命中し、ヘリが爆破。

ナイナイパー錠とブースカを持って、順調に飛行場の荷物検査に差し掛かったその時、ブースカがゴネリーへの逆襲を始めるのであった………

 

最終的に、ナイナイパー錠を利用して撃沈したゴネリーは、物語性の有るストーリーを決定づける優秀な終止符だった。

デッカイ団とゲストのスパイが組んだ悪党タッグにも注目したい。

ナイナイパー錠だとゴネリーに騙され梅干しを頬張り、先生からゲンコツを食らう目に合ったメチャ太郎がユニークだ。

その後、クローズアップされる大作の表情が何とも言えない。

 

それにしても、ゴネリーの秘密兵器とやらが斬新!

特に敵に飛びつく亀、その名も「ミスター亀」ブースカの弱点という芸の細かさも魅力だ。大ちゃんのヘリを堕落させた光線銃は最終兵器感出てたな~

梅干しを口にして「スッパイ!……俺はスパイだ」クソつまらんギャグをドヤ顔で発言した点に関しては、あえてノーコメントにしときます。

 

 

 

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX

快獣ブースカ COMPLETE DVD-BOX