読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

映画「世界大戦争」(1961年 東宝)

 

監督・松林宗恵(本編)/円谷英二(特撮)、映画「世界大戦争」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170315011314p:plain

 

太平洋戦争終結から16年、人々が努力し復興した市井で幸せに暮らす中、理不尽にも連邦国と同盟国の二派によって第三次世界大戦が勃発。全世界に核ミサイルが降り注ぎ、戦争が人類の滅亡へと貶めた反戦映画。

前知識皆無しで手にした作品だったが、露骨な反戦映画なのには驚いたYO

と言うのも、「宇宙大戦争」の様な特撮SFを連想していたのだ。

あわよくば怪獣や宇宙人が出てくるのでは?と、期待していた自分を殴りたい。

 

本作の主役は、平凡な日常生活を送る一家族である。

田村茂吉(フランキー堺氏)は、妻であるお由(乙羽信子氏)、娘の冴子(星由里子氏)、春江(富永裕子氏)、息子の一郎(阿部浩司氏)ら家族の幸せを願い、日々プレスセンターの運転手として働いている。

そんな中、長女である冴子は下宿している船員の高野(宝田明氏)と結婚を約束する仲に。

家庭は順風満帆、輝かしい未来へと生きる希望に満ち溢れていた矢先、核弾頭ミサイルの攻撃が何時日本へ降り注ぐか予測出来ない事態へと陥る………

 

戦争の運命と対称に、登場人物の一般市民が絵に描いた様な幸せ野郎ばかりだったのが憎い。

平和の素晴らしさをこれでもかと捻じ込んで置いてからの、核弾道ミサイル使用で人類滅亡ですからそりゃもう(特撮部を称える間も無く)トラウマ級のショックを受けたよ。これだから戦争映画はダメなんだ。

尋常では無い衝撃的な映像の後に江原(笠智衆氏によって不自然に語られる教訓、続いて哀しく響き渡る「お正月」の唄。果たして、今までこんなに虚し過ぎる「お正月」があっただろうか・・・

更に念押しで変わり果てた国会議事堂を背景に、視界を埋める反戦メッセージのテロップが実に強烈。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170322004650p:plain

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170322005651p:plain

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170322005707p:plain

 

本作のテーマに対して露骨過ぎるテロップですが、日本側は世界平和を主張し続けて押し止めようとした結果、泣く泣く戦争に巻き込まれた運命に立たされた訳であって映画の内容と合わせるには、説得力に欠けている様にも思う。

とにかく戦争ダメゼッタイ

核弾道ミサイルによって世界崩壊する特撮面に置いては「流石」に尽きますが、特筆すべきは黒い雨に打たれ朽ち果て溶解する建物の絶望的な描写。ここまでやるか?!と、度肝を抜かれた上に、大変気分を害しました。(褒めてる)

 

平和を願う市民にピントを絞って構成されたストーリーには、戦争の内容の詳細が語られていない。だからこそ「戦争ってなんて愚かなんだろう」と思わされた。

同じく印象に残っているのは、避難でパニックと化した街の保育園内で保護者の迎えを待つ園児達に保育士の早苗(白川由美氏)が読み聞かせた絵本の内容である。

2匹のヤギが一本橋で出会い、喧嘩しお互い落下しそうになるのだが、片方のヤギの提案により仲良く2匹で橋を渡る単純なストーリーは、本作で勃発した戦争を連想させた。戦争も考えを改めれば防げた事なのではないだろうか?

 

戦場に居なくとも巻き込まれてしまう無罪の人々の遣る瀬無さは計り知れない。

モールス信号にて、高野の「コウフクダッタネ」と冴子の「アリガトウ」に込められた想いを考えれば考える程、苦しく居た堪れない衝動に襲われる自分であった。

 

 

 

世界大戦争 [DVD]

世界大戦争 [DVD]