某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「怪獣総進撃」(1968年 東宝)

 

監督・本多猪四郎(本編)、有川貞昌(特撮)
映画「怪獣総進撃」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170129220239p:plain

 

ゴジラに登場した怪獣の他、多数の東宝怪獣を集結させたゴジラシリーズの第9作目。

登場怪獣はゴジラアンギラス、ゴロザウルス、ラドンモスラ、バラン、マンダ、バラゴン、クモンガ、キングギドラ、ミニラの11体。

 

時は20世紀末、国連科学委員会は月に探検基地を開設し、硫黄島を宇宙港として管理する一方で世界の脅威であった怪獣達を小笠原諸島の島に集めた通称、怪獣ランドを設立。モスラもゴロザウルスも仲良く同居している。

多数の設備装置によって厳重に管理されている事が語られている怪獣ランドだが、こんな危なっかしい施設を異星人が黙ってるハズも無く地球侵略を目論むキラアク星人が黄色い毒ガスで襲撃し、職員と怪獣達を拉致。リモートコントロールによって操られてしまう。

本作に登場する地球怪獣はキラアク星人によって操縦される場面が目立ち、怪獣と言うよりロボットに近しい。

売り出しは如何にも怪獣が大勢登場する事を押し出している様に捉えられるが、そこに期待したら少々物足りなさを感じるのは否めない。バラン出てたっけ?(゚д゚)

 

特筆すべきは国連科学委員会が開発した、ムーンライトSY-3号……

と言うより、SY―3の乗員がカッコよすぎる。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170129220626j:plain

 

「ゴジラの息子」に引き続きSY―3の乗員として御出演なさった、西條康彦様。

なかなか強烈な色をしたスーツですが勇ましく拳銃を構え発射する御姿、そして「艇長ー!」にヤラレタ。この時の髪型が超タイプでしんどい…

まァスーツと言えば、キラアク星人のが強烈でしたわ

 

繰り返すが、怪獣はコントロールされてるロボットに過ぎなかったので国連科学委員会対キラアク星人の闘いが主題だったように思う。

怪獣面で盛り上がりを見せるは、キングギドラ対地球怪獣の戦闘。

もうここまで来ると逆にナレーションありがとう。総勢で戦奮闘する映像は旺盛で豪華。ただ、11対1は余りに無謀過ぎるだろうよ

まあ戦闘放棄したのか姿が見えない怪獣が多すぎましたがね。

コントロールが切れた怪獣達がキラアク星人を敵視した点は「動物の本能で敵がちゃんと分かるんだ」という艇長の台詞が入るがどうも説得力に欠ける。

よって、リモートコントロール採取の無駄にグロテスク描写な手術シーンとか訳わからんシーンが妙に印象に残る。

ファイヤードラゴンが円盤というオチは不覚にも関心してしまった…

 

 

 

怪獣総進撃 [DVD]

怪獣総進撃 [DVD]