読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で鑑賞記録。主にウルトラシリーズ、特撮映画。他、イベントレポートなど。

映画「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」(1967年 東宝)

特撮 映画 東宝 ゴジラ 西條康彦

 

監督・福田純 (本編)、有川貞昌(特撮)
映画「怪獣島の決戦 ゴジラの息子」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170123025726p:plain

 

(島は別ですが)前回に引き続き南海を舞台にした、ゴジラシリーズ第8作目。

本作のゴジラは完全に核の脅威としての設定が消滅し、父親として登場する。

人間に対する警告だとか隠喩が皆無だが、エンターテイメント性は強い印象。

 

ゴジラが咆哮をあげる重圧的なシーンから一変、コミカルなオープニングには笑った。

主な登場人物は、実験場である南海「ゾルゲル島」に集まった楠見恒蔵博士(高島忠夫氏)率いる実験チームのメンバーと無理矢理押し掛けたジャーナリストの真城伍郎(久保明氏)、そして南海に住むサエコ前田美波里氏)。

メンバーの肌は焼けており汗が滝の様に流れている南海の設定は忠実に再現されている。

 

実験チームは、将来の食糧難対策の為に合成放射能ゾンデを利用して気象コントロール実験(島を凍結させる)を試みるのだが、失敗に終わったのが原因で異常気象になり島に生息していた大カマキリが怪獣カマキラスへと突然変異。

カマキラスはミニラを虐める悪役だが、ちょっと弱過ぎやしませんか…

所詮カマキリなのだろうが、精巧な動作で3体も登場したり心拍数が向上する音楽とか飛行シーンとか割と好きなんだけどな~。

悪役と言えば、クモンガの毒々しい色遣いと重圧感のある風貌に強力な糸の威勢ある噴射が素晴らしい。 

そして何より特筆すべきは、主役であろうミニラのビジュアルである。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170123211733p:plain

 

ど う し て こ う な っ た

 

赤ちゃんというか超越しておじいちゃんみたいになってるけど大丈夫?てかバナ〇マンの日村だなこれ…

いやはや、これを見て「あれはゴジラの赤ん坊じゃないか?」ってよく言えたな真城君

ミニラのテレパシーによってパパゴジラカマキラス2体を退治。本作のゴジラは、あくまで息子を守る為だけに戦う父親に過ぎない。

無暗に暴れるどころかミニラに教育を施したり、呑気に寝ておる。人間に対しての敵意が全くないのは違和感を感じるが、パパゴジラとして見方を変えればユーモラスだ。

 

実験チームのメンバーがイケメンだらけでビビる。

このままアイドルグループとして活躍してもいいぐらいである。

人物像に置いては、とにかくひたすら帰りたい古川(土屋嘉男氏)が最高だった。

あの空気をガラリと一変させる帰りたい主張()には目が離せなかったですな。

そしてゴジラシリーズに我らが西條康彦様が鈴木役として初御出演。(ヤッター!)

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170123210742j:plain

 

会議中にさりげなく汗をタオルで拭う仕草だとか、身軽にジャンプを披露する御姿、高熱に魘され苦しむ芝居、

何よりクモンガに襲われて発する悲鳴が…

悲鳴が…!!!(悶絶

南島故に、上半身を露出したシーンもあり(よりによって佐原健二様と絡んでおられ…ウッ)色々と忙しい一作でありました。

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170123225011p:plain

この3人は終始仲良すぎてしんどかったぞ…

 

あと特別気に成ったのは、藤崎(平田昭彦様)のヘッドホン。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170123211058p:plain

 

これどうにかならなかったのだろうか

 

最後はミニラも成長、親子で放射熱線を吐きクモンガ戦に勝利し、気象ゾンデの実験も成功を遂げる。凍結が進むゾルゲル島に残されたゴジラ親子の描写が悲壮感漂い胸が痛むが「冬眠するだけ」という真城の言葉で綺麗な大団円を迎える。

海から怪獣が出てくるかのように一瞬緊迫感が走った潜水艦の演出が、ユーモアな本作の締めくくりに適切だったように思う。

 

 

 

怪獣島の決戦 ゴジラの息子 [DVD]

怪獣島の決戦 ゴジラの息子 [DVD]