読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

映画「宇宙大戦争」(1959年 東宝)

 

監督・本多猪四郎 (本編)/円谷英二 (特撮)
映画「宇宙大戦争」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170121030340p:plain

 

「地球防衛軍」の姉妹作として制作された、侵略特撮SF映画。

"続編"と申し上げるには引き継がれている要素が弱い様な気がするので、別物として鑑賞しても良いだろう。

 

地球侵略を目論む異星人ナタールの手によって、宇宙ステーションJSS3が襲撃され、世界各地で3つの怪事件が続発する壮重なスタートを切る本作。

国際宇宙科学センターで行われた緊急国際会議では、侵略者であるナタールに対して平和愛好である事を願いながらも対抗手段を考慮すべきと判断し、対抗兵器として熱線砲を新開発、ナタールの前衛基地である月面へと調査隊が2機の宇宙探査艇スピップ号(言い難い…)に搭乗、出動する。

 

それからナタール対地球人の激闘が描かれる訳ですが、重点はそこにあるもんでストーリー面の描写が惜しい様にも思えた。

月を前にして語り合う勝宮一郎(池部良氏)と白石江津子(安西郷子氏)の掛け合いがくだらなくて全く響かない…(爆)

そして、調査隊の一員である岩村(土屋嘉男氏)とは三角関係なのだろうか。どちらにせよカップルの一部始終を覗くなんて趣味悪いぞ!

岩本は散々ナタールに利用され、調査隊にも見捨てられ(語弊)最終的には自らの行動に責任を持ち犠牲者となり悲劇的であったがそれなりの事をやらかしてしまってるし余り同情も出来ず…

拘束ベルトをハムハムしてるのは萌えたんだがなw

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170121044702p:plain

 

ナタール人に対しても侵略目的が不明なので、感情移入まで至らない。

以上の点から見ても、ドラマ部よりSF特撮を堪能するに尽きると思う。

 

戦闘ロケット対円盤群が織りなす冷却線と熱線の交差に痺れた。正しく、宇宙大戦争である。

遂にナタールの円盤群が突破し地球に襲来、司令母艦の冷却線によって町中の建物、人間もがメリメリと空中に舞い上がる絶望的なシーンは秀抜。

全体を通しても、伊福部昭氏の胸高鳴る音楽が与える影響は甚大です。

 

 

 

宇宙大戦争 [DVD]

宇宙大戦争 [DVD]