某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

映画「隠し砦の三悪人」(1958年 東宝)

 

黒澤明監督、映画「隠し砦の三悪人」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170115021038p:plain

 

戦国時代を舞台に、敗国した秋月の侍大将と世継ぎ姫が軍用金を背負い百姓二人を連れ敵国突破を謀る娯楽大作。

 

「山の若武者」(山名の若武者?)役として西條康彦様の名前が有ったので鑑賞に至った訳ですが、

西條様ドコ?(゚д゚;)

最後まで目を凝らして注意していたつもりでしたが、見つけられませんでした。

そもそもネットで得た情報でしてテロップに御名前も見当たらず…。

あった!と思ったら、西條悦朗(あれー?)

見落としだと失礼極まりなく恐縮ですが、何かの手違いでそもそも御出演なされていない説が自分の中で膨大しております。(※情報求ム)

 

西條様の若武者役を拝めず落ち込みましたが、踊り狂った佐藤允様を見て元気になりました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170115021526p:plain

手前の田島義文氏も楽しそうで笑ったw

 

突っ込む隙が無い見事な殺陣に見入ってしまったのは勿論の事、火祭りの激烈さも負けじと凄まじい。大の大人が回転しながら更に回転する(?)ってかなりおっかねえぞ!

 

恐縮ながらこの度が黒澤明監督作品の初鑑賞であり戦国映画も(多分)初鑑賞という身だったが、時代考証が隙無く綿密に作り込まれて居るのが伺え、娯楽映画として愉しく鑑賞を終えた一作だった。

百姓である太平(千秋実氏)と又七(藤原釜足氏)の前に現れた秋月家の侍大将・真壁六郎太(三船敏郎氏)を「三悪人」と題したタイトルに秀逸さが表れている。

三人の関係性も時間と共に変化していく様子、特に何度も裏切りながらも結局「兄貴!」と呼び背中を追う姿は六郎太の偉大さを改めて思い知る原因となった。

何より独特な個性が光っている、雪姫(上原美佐氏)が強烈!

美貌より先に目が付く吊り上がった雄々しい眉毛と、気丈で男勝りな立ち振る舞いに漂う哀愁が記憶に残る。台詞の演技がオーバーにも聞こえるが、気丈過ぎるが故に強がっている様にも捉えられる言い回しに拍手。

中でも妹・小冬を雪姫だと称して敵国の山中に差し出した言わば雪姫の身代わりである死に対して、涙を流す場面は複雑な心境が表情に出ており胸に響いた。

又、その涙に被さる形で秋月の旗が映し出される演出は世継ぎの姫という立場を尊重する事に繋がっている様で感慨深いワンシーンである。

 

摯実な六郎太と雪姫に対して、単純な太平と又七のコントランスが絶妙で(・∀・)イイ!!

戦国の背景上纏わってしまう殺人や人間の醜さといった倦怠感漂う雰囲気を見事に取り除き、笑いを誘った太平と又七の茶番にも注目したい。

最後は救世主となった宿敵である山名の侍大将・田所兵衛(藤田進氏)の逞しい出立に関しても、六郎太に劣らず強勇。

憎めない登場人物ばかりで主役が一体誰だったのか、どのキャラクターも個性が最大限に引き出されているのも又本作の魅力の一つであろう。

最後に、喧嘩が絶えなかった太平と又七が六郎太と雪姫から褒美として受け取った大判を譲りながら仲良く階段を降り、大団円を迎えた。清々しい余韻が残る。

 

「人の情けを生かすも殺すも、己の器量次第じゃ!」

雪姫の台詞は痛快で明確で痺れちまったぜ…

 

 

 

隠し砦の三悪人[東宝DVD名作セレクション]

隠し砦の三悪人[東宝DVD名作セレクション]