某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「モスラ」(1961年 東宝)

 

監督・本多猪四郎 (本編)/円谷英二 (特撮)

映画「モスラ」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170101234457p:plain

 

東宝三大怪獣と呼ばれる"モスラ"が初登場する日米合作の超大作。

本作の主役は怪獣モスラとインファント島に住む妖精・小美人である。

 

ロリシカ国の水爆実験場であるインファント島から救出された日本人遭難者は、原住民によって与えられた「赤いジュース」によって放射能反応が見られなかった。

そこで無人島だと思われていたインファント島に住民がいる事が発覚し、福田善一郎(フランキー堺氏)、中條信一(小泉博氏)含む調査隊が派遣されるのだが、クラーク・ネルソン(ジェリー伊藤氏)によって島の妖精・小美人が日本へ連れ去られる。

インファン島住民の儀式と小美人のテレパシーの共鳴によって、モスラが孵化し本能で小美人を連れ戻しに東京へ向かう。

 

本作は、人間のエゴイズムによって引き起こされた惨劇を壮絶な特撮を交えて描いている。

自衛隊による超兵器に全く動ぜず、本能で小美人を探し求める健気なモスラの姿に萌えた。

人間の総攻撃に対して無傷で前進し、一切相手にしない大怪獣に対して人間の愚かさを物語る描写が素晴らしい。

海から陸へ上がったモスラによって建物の破壊シーンが続く中、よじ登った形で東京タワーへ行き着き繭を張り孵化する過程の脅威と来たら筆舌に尽くしがたい。

有名な東京タワーとモスラのワンシーンは、芸術的な美をも感じる。

変わって、日東新聞記者である福田が「人間」である事をデスクに主張してインファント島の秘密を公言しなかった善行が印象に残った。是非見習いたい。

 

不思議な雰囲気と美しい歌声を披露する小美人(ザ・ピーナッツ)は連れ去られたにも関わらず、案外ノリノリでワロタ

衣装のバリエーションまで豊富で全然囚われ役に見えねえよ…

それはさておき、モスラのテーマを始めとした、ザ・ピーナッツの歌声は美しく勇ましいのだが、どこか虚しくとても繊細。

小美人は双子という点も含め、どこかミステリアス非常にインパクトの強いキャラクターに仕上がっている。

 

 個人的だが、国立核センター院長の平田昭彦様が場面が短いながらに凄く御似合いで痺れた。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170103031251p:plain

 

 ちょっとポマードがキツイ気もするが、登場時のトゥンクがいつにも増して激しかったです…(黙れ

 

フランキー堺氏のコメディは作中のドラマ部分で特に目立っており好演している。

特筆しておきたいのは、ネルソンの手下達との肉弾戦。

えちょこれ善ちゃん一人じゃ無理だろ!と思ったら、テンポ良く相手を斬り倒すじゃあありませんか!これが意外で最高に笑った。え?ツボがおかしい?

台詞の「スッポンの善ちゃんは食いついたら離れませんからね!」が微妙な決まり方(笑)でまた(・∀・)イイ!!

 

ラスト、神秘的な存在であるモスラは平和の象徴である事に気付かされた。

最後を飾る「平和こそは永遠に続く繁栄の道である」という有難い教えが胸に響く。

 

 

 

モスラ  [東宝DVD名作セレクション]

モスラ [東宝DVD名作セレクション]