某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「キングコング対ゴジラ」(1962年 東宝)

 

監督・本多猪四郎 (本編)/円谷英二 (特撮)

映画「キングコング対ゴジラ」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161228095150p:plain

 

東宝創立30周年記念作品でありゴジラシリーズ第3作目にして初のカラー作品。

前作の「ゴジラの逆襲」から実に7年ぶりに復活したゴジラとハリウッドから版権を買って登場させたというキングコングの夢の対決を描いた興奮の大作である。

 

千島列島の神子島で氷浸けにされた前作のゴジラが本作の北極海で復活する。

ここでゴジラの圧倒的に強力な生命力を持つ事、やはり芹澤博士のオキシジェン・デストロイヤー無くしてゴジラの消滅は絶望的である事が伺える。

個体こそ前作に引き継がれているが、スーツの造型が大きく変更されている。

爬虫類を彷彿とさせるヘッドから太く勇ましい首の流れに沿っての重量感のある下半身がたまらない。

 

巨大な魔神であるキングコングの探検隊としてファロ島へ向かった、パシフィック製薬の桜井修(高島忠夫氏)、古江金三郎(藤木悠氏)を始め、藤田一雄(佐原健二氏)と桜井ふみ子(浜美枝氏)の恋愛描写も有りながら、個性溢れるキャラクターの強い俳優陣と退屈しないストーリーも上等だ。

中でもファロ島に通訳として同行した大村千吉氏の絶妙なテンポとビジュアルは記憶に残る。

そして何より目立っているのは多胡部長(有島一郎氏)である。

彼の起用により人間ドラマはコメディタッチな仕様を強く印象付けると同時に、戦中戦後、人類の被害者であったゴジラの隠喩的な要素が薄くなった。

そして我らが平田昭彦様が演じる重沢博

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161228104012p:plain

 

せ、芹澤博士………!?!??!?!!

 

はい、初ゴジの芹澤博士がここで復活です!!!(※違います)(物理的は正しい)(語弊)

帰巣本能によって日本へ戻ると予測したり、帯電体質を得たキングコングを実例交えて格付けしたり、最後の締めに名言まで残したりと、他人とは思えぬ大役である。

 

ゴジラに備え帯電体質になったキングコングと強敵ゴジラ熱海城戦が熱い!

ここまでくるともはや故意に城を破壊してじゃれ合う怪獣二体の図に過ぎないが、強く印象に残るのは、やはり熱海城を破壊しながら戦闘を行うクライマックス。

容赦無しに崩れ落ちる熱海城も見物だが、二者海へ崩れ落ち決着の付かぬ曖昧な終末が良い。(ただトータル的にコングが押され気味だったように見受けられますな)

故郷に帰るキングコングとは反対に、謎めいたゴジラの終焉が良い。

 

それにしてもタコこえーな…(´・ω・`)

当時の技術的な問題だと思うが、ファロ島の住民を捕らえた際のカクカクが地味にトラウマだよ。

 

 

 

キングコング対ゴジラ [DVD]

キングコング対ゴジラ [DVD]