読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」(1966年 東宝)

 

監督・本多猪四郎特技監督円谷英二

映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161225173845p:plain

 

「フランケンシュタイン対地底怪獣」の姉妹作で、同じく日米合同である。

フランケンシュタインを庇う戸川アケミ演じる水野久美などの出演者や、世界観が前作と類似している。

これもまた海外公開版とオリジナル版とあり、自分はオリジナル版の鑑賞です。

 

主役怪獣は、フランケンシュタインから分化した正反対の性格を持つサンダとガイラ。

前作でフランケンシュタインを襲撃した大ダコを倒してしまう怪獣の迫力から、フランケンシュタインの復讐とも捉えられる幕開けは秀逸だ。

 

とにかくガイラが怖いよママー!

サンダが良い子で良かったよ。ダブルで人喰おうもんなら、ただの地獄絵図だよ。

その悍ましい造形や人食いという設定に驚愕するが、人間でも動物でもない怪獣を中島春雄氏の豪然たる熱演が恐怖を膨大させる。

人間を貪り食う描写は、暗示的な場面でも服を剥ぎだしボロボロの衣類が浮上したりと細かい。

海から出ての疾走シーンは特に度肝を抜かれた。お前走るの?もう無理...

三浦半島付近で海底から船を覗き込むシーンとかめっちゃ怖い。

沢村いき雄はもっと怖い。あの悲鳴と顔はズルいよ…

 

サンダガイラ両者の怪獣と同様に印象強く残っているのが自衛隊( ;´Д`)スッ、スバラスィ…

伊福部昭氏のL作戦マーチの効果が絶大なのは否めない事実だが、メーサー兵器といった登場兵器の魅せ方や隊員の点呼、田崎潤氏を始めとした役者の演技も緊迫感があり非常に見物だ。

自衛隊の装備群に負傷したガイラの傷がついたビジュアルも緻密。緑の体に映る赤色は痛々しく自衛隊の威力を伺える。

 

本作では前作に引き続き、西條康彦様も御出演なされております。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161225173939p:plain

 

ガイラが現れ避難勧告されパニックの東京銀座にて登場。大丈夫、今回は死にません。

白いオープンカーがとても御似合いであります。

相席の南弘子氏を抱え上げるなど、男らしい姿の御披露目にはトゥンクせざるを得ない。

西條様の発する「畜生!」がキマりすぎていて、贔屓目無しに印象に残ってます。

 

最後のサンダガイラの対決は、両者の特徴が良く描写されている。

一向に首を横に振り落ち着かせようとするサンダと、お腹が減ってイライラしている

獰猛なガイラ。

初歩的だが、台詞無しで伝わるこの感じ…大好きだ……

人間に育てられたサンダに対して、海で育ったであろうガイラは孤独だったのか。謎が多いところもまた両者の魅力だと思う。

ラスト、海底火山の噴火に巻き込まれたサンダガイラの最期を間宮雄三博士(佐原健二氏)の口から告げられ幕は閉じる。