某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「連合艦隊司令長官 山本五十六」(1968年 東宝)

 

監督・丸山誠治、特技監督円谷英二
映画「連合艦隊司令長官 山本五十六」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161208230426p:plain

 

太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官であった山本五十六の着任から戦死を描いた大作。

主役である山本五十六を演じる、三船敏郎氏の存在は威厳に満ちた風貌であり、熱演に忽ち圧倒される。

東宝の豪華俳優陣が御出演なさっている「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」「太平洋の翼」二作と被る場面があってデジャヴが激しい!ちょっとごっちゃになってきてる…(しっかりしてくれ

 

昭和14年、山本五十六海軍次官として日独伊三国軍事同盟の動きを阻止しようと立ち向かう場面から物語が始まる。

対米戦には反対する概念を強く持ち続けながらも、止むを得ず開戦が決まるとなれば先頭で指揮を取らねばならぬ立場である、山本五十六の心理描写は薄目。

前線視察の際、ブーゲンビル島上空で敵機に撃たれ際も表情変えずに戦死した。

ただこれに関しては、講和を願いながらもどうにもならない戦争を彷彿とさせ虚しくも印象に残る。

他にも、部下を気遣う描写は山本五十六の温和で誠実な人間像を思わせた。

 

特撮面、戦闘シーンは「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」、「太平洋の翼」流用フィルムを多用しているようで既視感はあるが、やはり見応えがあり再び圧倒される。

 

本作では、米山飛曹長として御出演なさった西條康彦様。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161209031049p:plain

 

もう西條様が御美しい事は十分に御分かりだと思うので、流暢とはまた異なる、重々としながらも勇ましい台詞の言い回しにご注目頂きたい。

搭乗なさっているのは、ミッドウェー海戦で飛龍攻撃隊と合同し出動、米空母ヨークタウンへ特攻した機体。

同乗者は伊集院大尉(加山雄三氏)、大森二飛曹(阿知波信介氏)という神メンバーである。

個人的であるが、推しである一平くんとソガ隊員のコラボに興奮せざるを得ない。

 

今回、直ぐに感情的になり暴挙に出る先任参謀(土屋嘉男氏)とそれを抑える戦務参謀(平田昭彦氏)の二人の掛け合いに萌えたよね。

ああいうの見ると、いいぞもっとやれってなっちゃう病気