某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

「ウルトラマントレジャーズ」発売記念『古谷敏さんトークイベント&握手会』in 書泉グランデ

 

昨夜、神保町の書泉グランデで開催された古谷敏さんのイベントに行ってきました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205230920j:image

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205230936j:image

 

古谷さん、めちゃくちゃカッコよかった!!!

第一印象、脚が長い。鼻も高い、いやまて腕も長い手も大きい。なんと素晴らしいプロポーションなんでしょう!

古谷さんが神等身なのは重々承知の上だったけど、当時と変わらないスタイルなのは凄い!

御召し物も髪型も、とてもダンディ。

あまりの美しさにずっとガン見してました。

 

古谷さんの当時の貴重な御話や、更には趣味や好きな食べ物といったプライベートな御話まで堪能したトークショー。

幼少期の頃から得た経験により、ファンに対する思いやりのある姿勢には感動したし、特撮に対する思いは共感。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205233446j:image

トークの最中に光線ポーズも披露(・∀・)カコイイ!!

 

他にも、ミュージアムブック「ウルトラマントレジャーズ」の御紹介あり。

中でも、昭和41年のクリスマスに銀座松屋で配布されたソノシートの音源に歓喜

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205233810j:image

 

ウルトラマントレジャーズでもレプリカとして封入されているようだが、音源は収録無しとの事だったので聴けてよかったなァ。

クリスマスなんてタイムリーだし、キャップがクソかわで死んだ

 

あっという間に約1時間ぐらいかな?トークイベントが終了し、握手、サイン、撮影会です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205233959j:image

 

オーラにやられてこれ以上近づけない俺氏

 

非常に、非常に緊張致しました。ガクブル

古谷さんに御会いするのが初めてなのと、ずっと画面越しに観てたのでリアルに存在なさっているという現実味に圧倒されるのです。

とにかく手汗が尋常じゃなかった。鼻息も荒くて済みません。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161205234350j:image

一枚一枚、直筆で色紙にサインを書く古谷さん

 

いざ、古谷さんの前に立つと頭が真っ白になってしまって... 

記憶にあるのは、古谷さんが第一声に

「アマギ隊員のファン?」

 

済みません、あえて言うならケムールです(笑)

まァそんな冷静な判断機能も死亡してるので、まともに返答できてなかったと思う。

若干奇声を発してしまっていたのではなかっただろうかと、心配が募る。(記憶が無い)

それにしてもわたしみたいなの(?)は大抵アマギファンなのだろうかね...

 

そんなキモオタにも嫌な顔ひとつせず、大きくて御優しい手を差し伸べて握手して下さる古谷さま。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161206000747j:image

 

以上の写真もそうですが、ずっとシャッターを押して下さっていた円谷プロの小池さま(御名前間違えていたら済みません)本当に有難う御座いました!

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161206000823j:image

アップでもハンサムな古谷さんと爆破してるわい

 

夢の時間はあっという間で、帰りの出口付近には実物の「ウルトラマントレジャーズ」と、資料の展示を拝見。

濃密な御本なのでペラ見で自重したけど、一平クンがちょいちょい居てテンション上がった

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161206002013j:image

頂いたサイン色紙とサプライズプレゼントだった古谷さんのカード(御名刺かな)

 

当日お世話になった方々、そして何より古谷敏さま、有難う御座いました!

緊張して終始チビってたけど御影様で貴重で愉しい時間を過ごせました。

 

ウルトラマントレジャーズ」は今回のイベントで予約したので、到着が愉しみ〜( ^ω^ )

 

 ウルトラマントレジャーズ公式サイト