某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」(1965年 東宝)

 

監督・本多猪四郎特技監督円谷英二
映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161201000741p:plain

 

鑑賞後に調べて分かったのですが、結末にバリエーションがあるようですね。

鑑賞したDVDは「海外版」と記載されており、ラスボスタコの方です。

 

第二次世界大戦の末期、ドイツの研究所からUボートを犠牲にしてまで河井大尉(土屋嘉男氏)等の手によって日本へ運び込まれた「フランケンシュタインの心臓」。

玉に撃たれても絶対に死なない兵隊を作る為に利用すると語る、広島衛戍病院軍医(志村喬氏)。

明らかに手術か何か行う直後に米軍によって投下された原子爆弾により広島衛戍病院が爆破。

それから時が経ち十五年後、様子のおかしい謎の浮浪児が「広島国際放射線医学研究所」のボーエン博士(ニック・アダムス氏)と助手の戸上季子(水野久美氏)、川地先生(高島忠夫氏)によって保護された。

ショタフランケンマジ天使

反抗期が有りながらも、母親の様な季子の愛情を一身に受け(語弊)日増しで成長する浮浪児。(もう坊やって風貌じゃない…)遂には巨大化してしまい地下の檻で監禁飼育。

ドイツの科学者・リーセンドルフ博士のアドバイスを受けた川地はフランケンシュタインで有るか確かめる為に、手足の切断を試みるが全く言う事を聞かん取材陣(TTV)が原因で浮浪児は暴れ研究所を脱出。

遂には手かせで千切れた手首が証拠となり、浮浪児がフランケンシュタインだと発覚。

よく見たらフランケンシュタイン、めっちゃ美青年じゃないですか

 

今回、御騒がせだったTTVのカメラマンとして西條康彦様が御出演。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161201000820j:plain

 

そして間もなく御臨終\(^o^)/

暴れるフランケンに巻き込まれる形で犠牲者となります。

(※ちょっとこれ死亡者が解り難くて、他説有りましたら御教授願います。ちなみに自分の決め手は左腕の時計。)

それにしても美しい死体でして…おっとこれはマズイ、知ってはならぬフェティシズm

 

人間体である生身のフランケンシュタインと獣型の怪獣であるバラゴンの戦闘は実に面白かった。このアンバランスな戦いはハマる。

フランケンに対してマグマ熱線を発するバラゴンだが、ノーダメージ。必死に発するも完全スルーでカワイソウ

対してフランケンは光線技も無く岩を投げたり叩いたりと非常に体当たりな戦法。

このどちら付かずな戦闘にも関わらず、飽きずにむしろ見入ってしまう。

バッグで激しく炎上(物理)する樹海が戦闘を引き立てる。

少しずつ空が暗くなっていく演出も緻密。

バラゴンを倒し決着が付いたと思われたが、山奥に突如タコ

もうこうなったらやるっきゃないのでフランケンも戦闘を試みるが、

流石のフランケンもライフゼロだよ(´・ω・`)

 

最後には「…所詮彼は怪物だ」と罵倒されるフランケンだったが、人間を助ける為に怪獣と戦った優しい心の持ち主だという印象が強く残った。

 

 

 

フランケンシュタイン 対 地底怪獣 [DVD]

フランケンシュタイン 対 地底怪獣 [DVD]