読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で鑑賞記録。主にウルトラシリーズ、特撮映画。他、イベントレポートなど。

映画「社長洋行記」(1962年 東宝)

映画 西條康彦 東宝

 

杉江敏男監督、映画「社長洋行記」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161130184730p:plain

 

社長シリーズの第十四弾。 ちなみに社長シリーズは一切未鑑賞の身であります(小声)

次作である「続・社長洋行記」の前篇であり続きが唐突な幕締め。てか

何しに香港まで行ったんだっけ…( ゚Д゚)?

 

貼り薬サクランパスを販売する桜堂製薬は、香港を中心とする東南アジア方面に置いての売り上げが、ライバル会社の椿パスターに押されている事案が発生。

東南アジアへの販売を担当する加藤清商事社へ商売の督促をと接待するが、散々商品を罵倒された桜堂製薬の社長・本田(森繁久彌氏)は、自ら香港へ出て売り込む事を決心。

御共に、営業部長・東海林(加東大介氏)、秘書課長・南(小林桂樹氏)が同行。

行く気満々だった中山が可哀想だろ

 

本作の魅力は、やはり海外ロケを行った香港のエキゾチックな世界。

仕事の為に出向いたはずの香港なのに、仕事を完全に忘れてる桜堂製薬社員が可愛い。

香港の地で各々別の出逢いをしたのに3人とも惚れていた柳秀敏(尤敏氏)が美し過ぎる。

社長の娘の結婚式があった香港出発前夜、本田社長と秘書課長・南とが酒を交わした場面が好き。

お互い酔いながら傷心を慰め合った夜だった。酒場と帰りのタクシーとで立場の逆転もまた良し。

そう言えば、江原達怡様と中真千子さんのカップル既視感あるなァと思ったら、若大将でバカップルしてましたよね。

本作では何故か、江原達怡様がオネェっぽい

 

西條康彦様は、東海林の長男・平一として御出演なされています。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161130184753j:plain

 

長男役に俺氏歓喜(*´Д`)ハァハァw

次男より身長が低いぞ!いかん、これは萌えてしまう!(*´Д`)ハァハァw

素敵な御召し物に身を包み、一生懸命御父様のゴルフクラブを磨き、ゴルフの身支度のお手伝い。すごく御父様思いの息子くんなんだろうな~

場面変わって、香港へ出発の際、次男と一緒に御見送りをしています。

「お父さんあそこ!」と言わんばかりに次男の腕をポンと叩く仕草は兄らしさを感じますね。(可愛い)(好き)

 

ラスト、社長が食した蛇の食べ過ぎが原因でヘルペスになってしまい帰国する事に。

しゃちょさん、ほんとに何しに香港来たんすか

空港で偶然、ライバル社の椿屋が丁度日本から香港へやってきた現場を目撃。(嫌な予感…

アイシャルリターン」の言葉を残し、香港を後に…「続・社長洋行記」へ続く!

 

 

 

社長洋行記 正・続篇 [DVD]

社長洋行記 正・続篇 [DVD]