某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。

映画「ゴジラの逆襲」(1955年 東宝)

 

監督・小田基義 (本編)/円谷英二 (特撮)、映画「ゴジラの逆襲」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161120231928p:plain

 

前作である「ゴジラ」のラストで山根博士が語った不安が現実になってしもた~!

絶望で深刻な問題から解き放たれ、暗喩の描写が薄く物足りなさを感じた一作。

存在は引き継がれているものの、ゴジラは水爆実験の恐怖として主張された前作だったが、アンギラスの登場によって恐竜が強調されているようだ。

東京で没したゴジラとは別個体である事からゴジラの逆襲」と言うタイトルに違和感…(「ゴジラアンギラス」でおk

 

東京で退治した筈のゴジラが、本作では大阪に上陸し街を破壊。

東京に上陸したゴジラについては、前作にも登場した古生物学者の山根恭平博士(志村喬)によって語られた。

愛しき芹澤博士と共に消滅した唯一のゴジラ対超兵器オキシジェン・デストロイヤーがない為、山根博士は、ゴジラが光に向かう性質を発表し、灯火管制を促す。

間もなくして大阪湾内にゴジラ襲来となるが、飛来したジェット戦闘機隊の照明弾投下によって湾外へと誘導される。

が、逃走した囚人達が運転するタンクローリー車が石油タンクに衝突し大爆発。

大爆発によって炎上した炎の光に導かれ、ゴジラは大阪に上陸。

この光に向かう性質は同じく原水爆の影響で蘇ったアンギラスも同様であり、続けてアンギラスも大阪に上陸。まるでストーカーのようですね。

 

大阪城を舞台とした二大怪獣の激闘場面は熱い。見物である。

喉元を必死に噛み付くゴジラには不覚にも萌えてしまった…

アンギラスの断末魔によってひび割れし崩れ落ちる大阪城もまた良し。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161120232026p:plain

 

ゴジラの初ライバルだと言うのに、弱い印象が薄いアンギラス

「他の生物には激しい憎悪を抱く」というのは恐竜同士の設定であるのか、人類には全く興味がないところが良いですね。ゴジラへの熱烈ラブを感じます。

 

ラストを飾る人類VSゴジラの舞台は、千島列島の神子島。

パイロットの一人である小林の犠牲がゴジラ撃退のヒントを得る事となる。

目の前で仲間が雪山に衝突したにも関わらず、切り替えの早い月岡さんにドン引き。

という訳で、爆撃で雪崩を起こし雪中に生き埋めする作戦を月岡含む戦闘機隊が出撃し決行、成功を果たす。

クライマックスを飾る雪崩シーンは圧倒的な迫力です。

 

「小林…、とうとうゴジラをやっつけたぞ…」と、涙目で亡き小林に語りかける月岡。

同じ漁業会社に勤めるパイロットとして仲間を思いやる月岡が伺える場面ですが(月岡氏の切り替えの早さを引きずってしまい)全くグッと来ないwww

それよか、人類力を合わせれば超兵器なくともゴジラを倒せたのだと思うと、

芹澤博士への想いばかりが肥大する・・・

 

 

 

ゴジラの逆襲 [DVD]

ゴジラの逆襲 [DVD]