某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

ウルトラマン「人間標本5・6」放映28話

 

ウルトラマンより、放映第28話(制作第28話)「人間標本5・6」の感想です。
三面怪人ダダ登場回。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161116132321p:plain

 

奥多摩の峠道で、次々と続発する原因不明のバス転落事故。

事故は決まって日向峠を通過する正午に発生した。

問題のバスに乗り込み事故覚悟の危険な任務にも関わらず、イデ氏爆睡w

そんな呑気にしとるもんで、骨折してしまうわけです。言わんこっちゃない!

 

三面怪人ダダは、様々な超能力を駆使する。優れた宇宙人だ。

流石あらゆる手段で迫るので、強い。苦戦するが、我らがムラマツも強い!

ダダの目的は、基準値に見合った地球人の標本を6体採取する事。

だが、この標本を完成させてどうするなど詳細は語られていない。

ただの人間標本マニア?趣味?

「ダメだ、ウルトラマンは強い!」とスぺシウム光線で負傷した姿で上司に訴えるも5、6体目を妥協しない辺り、上司は相当な凝性であろう…

どうやら派遣されたダダ271号は平平か。カワイソウ

 

本作はホラー性が強く恐怖心をそそる演出が印象的。

特に逃げる秋山技官の足を掴んだダダ。可愛らしい(?)C面だったはずが負傷顔のA面に顔面チェンジ!

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161116135625p:plain

 

こわいよママ―!

 

ハヤタ隊員は科特隊基地で変身。破壊する前に瞬間移動か。もうなんでもありやん…

ウルトラマンはミクロ化器の光線を直撃するが、効果はなかったようだ。

それよか自ら人間サイズになり同じサイズのダダと同等で戦闘を望んだ姿勢は、素晴らしい。流石、ヒーローである。だが、ダダは同時に巨大化する。この野郎!

一瞬「?」になる貴重な人間サイズのウルトラマンがカワイイね。

 

ラスト、「もうウルトラマンが片付けちゃったよ」と言う視線の際にハヤタ。

それに対し「残念だったなアラシ」とハヤタ。もう完全にバレとるやつ…