読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で鑑賞記録。主にウルトラシリーズ、特撮映画。他、イベントレポートなど。

映画「妖星ゴラス」(1962年 東宝)

映画 東宝 特撮 西條康彦

 

監督・本多猪四郎特技監督円谷英二

映画「妖星ゴラス」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161115092838p:image

 

土星探査の任務を負って宇宙へ飛び立った宇宙船・隼号。

順調に見られたが、火星軌道を通過して間もなくパロマー天文台から謎の怪星「ゴラス」の発見が発表され、急遽ゴラス調査の新任務に就く事となる。

赤く燃え、地球の6000倍の質量と異常に膨大だが大きさは地球の3/4というゴラスの強力な重力圏に突入してしまった隼号は、脱出方法が無く乗組員は帰らぬ人となってしまった。

最後まで任務に全うした、隼号艇長・園田雷蔵田崎潤氏)の涙に胸が痛む。

 

ダイナミックな幕開けだが、物語は非科学的で単純。

謎の怪星ゴラスの衝突の危機に、人類は一体どう対応するのか!というのがテーマ。

ゴラスの破壊案が不可能となりゃ地球の軌道を変えて逃げよう!という、斬新な発想力には度肝を抜かれた。面白い。

ジェットパイプ基地のジェット噴射を利用し地球を移動する斬新な計画は「南極計画」と名付けられ、人類の希望はそれに託された。

ブースター群の建設は非常に細かく壮観である。

 

主役は、鳳号乗務員・金井達麿(久保明氏)。

カプセル1号に搭乗し間近でゴラスを目撃したショックからか、記憶喪失になったのは不覚にもワロタ。

 

鳳号の乗員も又豪華である。

艇長・遠藤(平田昭彦氏)副長・斎木(佐原健二氏)の時点で、ハンサムの予感しかしないからな…

パイロット達がヘリに乗って宇宙省へ向かう途中、上空から平和な地球を眺めながらフルで歌う「俺ら宇宙のパイロット」(・∀・)イイ!!

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161115093105j:image

 

西條康彦様は、鳳号の通信員として登場なされとります。あれ、台詞あったっけ? 

(`・ω・´)キリッとした表情や楽しげに歌われている場面が印象的。

 

地球軌道の変動に南極基地より現れた、通称爬虫類の怪獣トドr…マグマ。

あんなガッカリ登場の怪獣も気の毒だ。

 

遂に地球へ姿を現す夜空に浮かぶゴラスは不気味極まりない。

ゴラスの接近により各地で天変地異が発生する模様は圧巻!

衝突は免れ、地球を離れるゴラスを観測し、安堵した田沢博士(池部良氏)が言う、「大成功だ!」

そいでもって何故か記憶喪失から復活する金井氏(この設定いる?w)

物語はここで終わることがなく「移動した地球の軌道を元に戻す」という新たな課題へと続くエンドが良い。

 

 

 

妖星ゴラス  [東宝DVD名作セレクション]