読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で鑑賞記録。主にウルトラシリーズ、特撮映画。他、イベントレポートなど。

ウルトラマン「怪獣殿下 前篇」放映26話

ウルトラマン

 

ウルトラマンより、放映第26話(制作第26話)「怪獣殿下 前篇」の感想です。
古代怪獣ゴモラ登場回。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161105211436p:plain

 

ウルトラマン初の前後編ストーリー。

ホシノ少年がいない現実に耐えられず鬱になってましたが、初っ端から賑やかな少年達が出てきたから元気(単純)

視聴者と同じ世界に住む、怪獣殿下・オサム少年が主役。

オサム少年を「しおしおのパ~」と馬鹿にしているのは、「恐怖の宇宙船」で登場したムシバ少年じゃあありませんか~。(ちょっとホシノくんに似てるよね)

 

大阪の万国博覧会の古代観出品用の展示採集にゴモラを生け捕りにしようとした訳だが、誰もツッコまなかったのか?w

犬や猫じゃあるまいし普通に考えて困難だろう。「剥製で我慢する」ってどの口が言うとるんだ中谷教授よ…

まァ誰もが予想した生け捕りは失敗に終わり、急遽ゴモラを切り離す(大胆!)ことになるが、ゴモラは目覚め暴れ出す。

「落下のショックで元の生活力を取り戻し、恐るべき怪獣に変身したんだ」っておいおい…中谷教授は頭がいいのか馬鹿なのかわからん

 

オサム少年とタケシ少年が怪獣ごっこをしてると、近くにゴモラが地中から登場。

オサム少年が「ウルトラマーン!」と叫ぶと呼ばれるようにしてマンが飛んできてバトルスタート!と思いきや、

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161105213244p:plain

 

なんでベータカプセル落とすんだよwwwww

 

もうハヤタさんのベータカプセルに対しての管理の甘さは尊敬に値するよね

マンは光線ポーズを取るが既にゴモラは地中に潜り時間切れ。

この無様な一連でゴモラたそがUNG麻酔弾撃たれた際の細かな演出とかすっかり忘れてしまった・・・しっかりしてくれウルトラマン

後篇へつづく!