読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

映画「シン・ゴジラ」(2016年 東宝)

 

総監督・庵野秀明、監督/特技監督樋口真嗣、映画「シン・ゴジラ」の感想です。

 

※一応上映中の映画なのでネタバレ注意

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161103015036j:image

映画『シン・ゴジラ』公式サイト

 

第二形態モエー!!!!!

 

上陸場所の名前を取った通称・蒲田くん、不覚にも惚れてしまった。

 

この形態変化を繰り返し自己変化する設定は、庵野監督こそといいますか、エヴァやん・・・

そうです、感想を一言、率直に申し上げますと、正直なところ、エヴァやん・・・

 

物語は至ってシンプルなのだが、内容は捉え方によっては重い。わたしは軽く鬱になった。

不安が残る曖昧な幕引きは嫌いじゃないんだけどね。

現実と言えば、現代社会の描写がリアルだ。

あの危機下におかれても呑気にスマホで写真や動画を撮影する若者は不気味だった。

 

登場キャラクターが多い中、印象的なのは、尾頭ヒロミ(市川実日子氏)。

あーゆーお姉さんに弱い♡(おい)

ヤシオリ作戦成功後に見せた笑顔に、

どれだけの被害が出たでしょうか?

あの破壊力はシンゴジのプロトンビームに値するぞ・・・

 

最後に、シン・ゴジラ

このシンと言う意味を調べたところ、新、真、神、sin(宗教上の罪)の4つがあがった。

庵野氏ならsinだな(確信)

もはや破壊神の様な驚異的な強さ、ゴジラ史上最強すぎる。

深入りは良くないと思いつつも、戦争や災害を彷彿させるシンゴジには考えさせられた。

そら悲しいけど、強いはずだよね。

 

「私は好きにした、君らも好きにしろ」

ラストの尻尾より、牧博士の残した一言を意味深に考え込んだ我であった。