某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

映画「江分利満氏の優雅な生活」(1963年 東宝)

 

岡本喜八監督、映画「江分利満氏の優雅な生活」の感想です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161031110250p:plain

 

川村クンしか観てない\(^o^)/

 

主役である江分利満が勤める、サントリーの社員・川村役として西條康彦様が登場。

贔屓目と言ったらそれまでなんですけど、よく画面に映られていたゾ~

合唱していたり、残業してたり、お酒飲んでたり、下着姿を披露したり(語弊)

本当にありがとうございました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161031110927p:plain

 

他にもウルトラ関係の豪華な面々が多数御出演なされとりますね~(二瓶さんかわいい)

 

「面白くない」生活を送っていた江分利満だったが、酒の席で編集者と出会い、小説を書くことになり己の人生を振り返ることになる。

小説というより、自伝のような回顧録ですな。

江分利満氏の優雅な生活」を題され、終いには直木賞を受賞する事になる。

典型サラリーマンの日常を「優雅」と表したのが素晴らしい。

 

アニメーションの使用やストップモーションなどの手法も印象的だ。

江分利氏が江原達怡氏演じる辺根さんと砂利道を歩きながら身に纏っている衣類を語る際の演出が面白い。辺根さんのパンツ最高!!!

 

コミカルでテンポが良い前半とは異なり、後半は戦中派の思いが強く描かれている。

長々と語られるボヤキは、新珠三千代氏演じる夏子が美しく閉めている。

 

「本当に偉いのは、一生懸命生きてる奴だよ」という江分利氏の台詞は、彼だからこその言葉だと思う。江分利氏が語ったからこそ、大変勇気づけられた。

 

 

江分利満氏の優雅な生活 [DVD]

江分利満氏の優雅な生活 [DVD]