読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

ウルトラマン「遊星から来た兄弟」放映18話

 

ウルトラマンより、放映第18話(制作第19話)「遊星から来た兄弟」の感想です。
凶悪宇宙人ザラブ星人登場回。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161016011204p:plain

 

早速ホシノ少年が科特隊に並んでいる。仕事を求める仕草に萌え死んだ。

キャップの言う事を渋りながらも聞く姿勢など、随分大人びたな~。

 

東京に致死量の放射能を含む霧が発生。

と、第8銀河系から来たザラブ星人が登場し、自分は地球人と兄弟だと名乗る。

この時点でホシノ少年が「きっとコイツが霧を降らしたんだ!」と見抜いているが、科特隊はスルーw

ザラブ星人は霧を止めたことにより信用を得て、科特隊や宇宙局の出入りを許されるわけだが、本当に警備緩いな

案の定、フジ隊員が乗り移られたり、イデ隊員が操られたりと利用されまくりである。

 

ハヤタ隊員を救助するホシノ少年がマジ天使

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161016012955p:plain

 

ザラブ星人に拘束されたハヤタ隊員の特殊合金ベルト。

あれやこれやしても切れなかったのに、

ホシノ少年の美しい涙で溶けた・・・(´;ω;`)

 

さっきまでザラブ星人が密室で「君はわたしのものだ、ウルトラマン!」発言してたのとかどうでもよくなってしまった・・・ホシノ少年尊い・・・

 

その後、ニセウルトラマンに捕まって宙ぶらりんになってしまうホシノ少年。

「あ゛~!」からの「やめて~!ウルトラマーン!」と叫ぶシーン、好きでs

マンが登場シーンも印象的である。

本物の気迫に押されたニセマンがかわいい(*´Д`) (そっちかよ

 

ホシノ少年の「やっぱりウルトラマンは正義の味方だったんだ」というラストは視聴者の代弁とも捉えられて良い。