某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

ウルトラマン「ミイラの叫び」放映第12話

 

ウルトラマンより、放映第12話(制作第12話)「ミイラの叫び」の感想です。

ミイラ人間・ミイラ怪獣ドドンゴ登場回。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161009225842p:plain

 

7000年前の人間の姿というミイラ人間…保存状態良すぎです。見習いたいもんですね~

目から怪光線を出す、7000年生きていたってもはや人間ではないような…?

 

生け捕るように命令されたにも関わらず軽率に銃で撃った警官隊www

その後、キャップが「生け捕りは諦めよう!アラシ!スパイダーだ!」ってオイオイ…

ミイラ人間がスパイダーによって撃退されたことにより、ドドンゴが蘇る。

 

今回、イデ隊員が発明した新兵器バリアマシンの初登場となる。

アラシが装着し、ドドンゴの右目へ命中するが、ドドンゴが左目から怪光線を出し破壊した岩にぶつかりアラシダウン。

ここでキャップ「イデ!アラシのスパイダーで左目を狙え!」って、生身で怪光線にやられたらどーすんだいw

そんな心配をよそにドドンゴの左目へ命中したイデ隊員スバラスィ…

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20161009233830p:plain

 

そして真っすぐアラシの元へ… (´;ω;`)ウッ…

「こいつは滅多なことじゃ死にませんよ」って…もう…おまえらいい加減にしてくれ…

 

ドドンゴの両目が潰れている描写、おどろおどろしいですな~

スぺシウム光線でやられた後、足をもがいて苦しむドドンゴの背景に流れるBGMも悲しげである。

 

マン→ハヤタへの変身解除は珍しく、印象的ですね。

そりゃ薄々お察しのイデ隊員もおかしいな~ってなりますがな…w

 

ラスト、「発掘なんかしないで、1万年でも2万年でも眠らせてあげればよかったのに…」とフジ隊員。

可哀想なことをしたという岩本博士の台詞に同意せざるを得ない。