読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

ウルトラQ 「宇宙指令M774」 放映第21話

 

ウルトラQ放映第21話(制作第19話)です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20160909232202p:plain

 

― 私の名は、ゼミ。ルパーツ星人です。

地球人に警告します。

地球に怪獣ボスタングが侵入しました。

とても危険です。

 

まだ姿を現す前のゼミの登場がいちいち不気味だ。

人形とかジュークボックスとか伝える方法が他になかったのだろうか?

あのSF脳万城目氏ですら疑いまくってたからな…

 

豪華客船クイーンパール号にて、御馴染み3人がババ抜きしててかわいい。

特に星川航空の御二方がご機嫌過ぎてツラい

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20160909233910p:plain

 

豪華客船のシーンに関わらず、万城目氏と一平クンのツーショが多い一作でもあった。

一平クンはセスナに搭乗し、確実に操縦の腕前が良くなっている。

万城目氏に褒められて浮かれちゃう一平クンの笑顔にトゥンク。

完全に俺得過ぎる回でした、本当にありがとうございました。

 

宇宙の平和を守る為に働くゼミという名のルパーツ星人。

地球人の姿の名は、一条貴世美。

地球防衛が使命という割には、口が達者なだけで見守るだけであった。

もはやただ地球に住みたい口実か?(笑)

 

地球侵略の為に、キール星人が送り込んだとされるただのエイボスタングは呆気なく戦闘機ミサイルの攻撃を直撃し粉砕…

色々期待して損したわ( ゚Д゚)

 

友好的な宇宙人だと見せつけて、ルパーツ星人たちの新たな侵略とも捉えられる結末は素晴らしい。

ただ最後のSE、

お前だけは許さねえぞ