読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で意見具申。主にゴジラ、空想特撮シリーズ等、特撮作品の鑑賞記録。他、色々と。

ウルトラマン「侵略者を撃て」放送第2話

 

放送第2話(制作第1話)「侵略者を撃て」です。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20160824014322p:plain

 

イデ隊員の右目付近にできたアザについて視聴者に語り掛けるシーンから始まる。

フジ隊員もカメラ目線で「ねえ?」。

かわいい。実にかわいい。

 

「話は今から38時間前…」その後、イデ隊員の回想に沿って物語が進行する。

 

靴を履き替えそびれるアラシ隊員に向かって、ムラマツキャップが「冷静に」と注意されて早々に、科学センターでバルタン星人の攻撃をくらっててワロタ

あれ、ホシノくん通さないで直にアラシ隊員から本部に連絡するべきではなかろうかw

 

イデ隊員は宇宙語を話せるという。君の宇宙語は分かりにくいって指摘されてたけどなwww

アラシ隊員の身を借りて、ハヤタ&イデ(は、ほぼしてないが…)と会話をするバルタン。

発狂した科学者の核実験が元で、故郷が爆発してしまったのは気の毒に思えた。

「地球を貰う」はNGワードですがな?

 

マンVSバルタンの戦闘は空中がメイン。目が回りそうなカメラワークが良い。

バルタンの弱点はスぺシウムだった。ウルトラマン圧倒的有利すぎ…

「スぺシウム光線ですね、キャップ」フジ隊員が名付けていた。

 

一件落着し、イデ隊員のアザついて触れるが、全く主題と関係がないのであるw

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20160824022210p:plain

 

最後、ウインクにやられちゃいました。あれはずるい。うん、惚れるよね。わかる。

 

「僕はてっきりハヤタさんがウルトラマンかと思いましたよ~」と、際どい発言をしょっぱなからやらかすイデ隊員が愛おしい。