読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

某A氏の雑記帳(仮)

独断と偏見で鑑賞記録。主にウルトラシリーズ、特撮映画。他、イベントレポートなど。

「クレクレタコラ」1話~52話/感想

1973年10月1日~1974年9月28日までフジテレビ系列にて放映された東宝企画・製作の特撮テレビ番組「クレクレタコラ」(全260話)。 5分枠(実質2分弱)と手頃に楽しめるシュールで過激な内容が魅力的な本作。 12月14日に発売されたDVD「クレクレタコラ コンプ…

昭和のテレビコミック「ウルトラQ」上・下(完)

中城健太郎先生、古城武司先生、鬼童譲二先生の御三方によって描かれたウルトラQのコミカライズ作品集「昭和のテレビコミック『ウルトラQ』上・下」の感想です。 上は、前回御紹介した中城健版「ウルトラQ」と同様の内容(9話)+「ペギラが来た!」の全10…

映画「ホームカミング」(2011年 クロックワークス)

2010年に制作された飯島敏宏監督、映画「ホームカミング」の感想です。 少子高齢化の波に押された住民の平均年齢68歳の老人町と化した「虹の丘タウン」。 定年退職を迎えた主人公・鴇田和昭(高田純次氏)は町に活気を取り戻すべく奮闘する人情映画である。 …

映画「キングコング対ゴジラ」(1962年 東宝)

監督・本多猪四郎 (本編)/円谷英二 (特撮) 映画「キングコング対ゴジラ」の感想です。 東宝創立30周年記念作品でありゴジラシリーズ第3作目にして初のカラー作品。 前作の「ゴジラの逆襲」から実に7年ぶりに復活したゴジラとハリウッドから版権を買って…

漫画・中城健版「ウルトラQ」

少年月刊誌「少年ブック」と少年ブックの別冊シリーズとも言うべき少年ブック・コミックスの月刊誌「ウルトラQ」にて掲載されていた、中城健先生の「ウルトラQ」の感想です。 今回手にしたのは1979年発行、朝日ソノラマのサンコミック全2巻。 (※20…

映画「続・社長洋行記」(1962年 東宝)

杉江敏男監督、映画「続・社長洋行記」の感想です。 社長シリーズの第十五弾。映画「社長洋行記」の続編で、舞台は同じく香港。 気になって仕方ないので最初に言わせてくれ。 (前作に引き続き)江原達怡様がオネェっぽい 「あら~パパおかえんなさい♡」とか…

映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」(1966年 東宝)

監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二 映画「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の感想です。 「フランケンシュタイン対地底怪獣」の姉妹作で、同じく日米合同である。 フランケンシュタインを庇う戸川アケミ演じる水野久美などの出演者や、世界…

『バルタン店長のクリスマスプライベートパーティ』 in 怪獣酒場

以前に応募していた「バルタン店長のクリスマスプライベートパーティ」に当選致しまして、怪獣酒場へ行ってきました。ぼっちです。 繰り返します、ぼっちです。 主に座敷の間で開催されたパーティ。 怪獣音頭のBGMでクリスマスモード全開です(違 開始まもな…

映画「銭ゲバ」(1970年 東宝)

本日、ラピュタ阿佐ヶ谷で観てきました。 映画「銭ゲバ」の感想です。 原作は、少年サンデーに連載されていたジョージ秋山先生の同名漫画。 ※ちなみに原作は未読です、済みません(読め 主題歌が強烈すぎたwww 幕開けで当時の新宿の町をうろつく主人公・…

ファンミーティング(2016年12月)ゲスト:桜井浩子さん in ジョリーシャポー

昨日、ジョリーシャポーのファンミーティングに参加しました。 ゲストは、桜井浩子さんです。 ずっと行きたいと思いつつ機会を逃していたジョリーシャポーでしたが、この度月1で開催されているファンミーティングのゲストが今月は桜井さんだったので(勇気…

「ウルトラマントレジャーズ」発売記念イベント『僕らの初恋 桜井浩子さんトークショー』 in 渋谷・HMV&BOOKS TOKYO

本日、渋谷・HMV&BOOKS TOKYOにて開催された桜井浩子さんのイベントに行ってきました。 解り切ってたけど、桜井さん気品があって超絶美女(*´Д`) トークショーの合間に何度か目が合い(勘違い乙)心臓射貫かれまくりでしたよ~。 容姿は勿論御召し物もとても…

「ウルトラマンの現場 ~スタッフ・キャストのアルバムから~」

12月7日に発売された「ウルトラマンの現場 ~スタッフ・キャストのアルバムから~」を購入・読了しました。 勿論、一平クンの未公開ショットと取材を拝読するべく購入に至った訳ですが 撮影現場のスタッフやキャストが個人的に秘蔵していたプライベートスナ…

「ウルトラマン 怪獣大名鑑」(M.B.MOOK)

11月28日に発売された「ウルトラマン 怪獣大名鑑」を購入・読了しました。 今日まで、膨大な量の書籍が出版されているウルトラマンの書物。 際限がないので今まで殆ど手を出さずにいたのだが、この度目に留まって手にしたのが本書である。(←活字が苦手なだ…

映画「怒りの孤島」(1958年 松竹)

本日、シネマヴェーラ渋谷で観て来ました。 久松静児監督、「怒りの孤島」の感想です。 本作は、戦後間もない昭和20年代初頭に瀬戸内の孤島で実際に起きた人身売買・児童虐待事件「舵子事件」を題材とした映画である。 これは惨い、惨いぞ… えっと済みません…

漫画「怪獣ギョー/楳図かずおの恐怖劇場」

「怪獣ギョー」(1971年/少年サンデー)の他、「楳図かずおの恐怖劇場/全5作」(1966年/少年画報)を中心に構成された作品集。 御目当ての「怪獣ギョー」で登場する、ギョーのソフビ(楳図かずお版ウルトラマン同様にフューチャーモデルズ発)を良く見かけ…

映画「連合艦隊司令長官 山本五十六」(1968年 東宝)

監督・丸山誠治、特技監督・円谷英二、映画「連合艦隊司令長官 山本五十六」の感想です。 太平洋戦争開戦時の連合艦隊司令長官であった山本五十六の着任から戦死を描いた大作。 主役である山本五十六を演じる、三船敏郎氏の存在は威厳に満ちた風貌であり、熱…

映画「聖職の碑」(1978年 東宝)

昨夜、シネマヴェーラ渋谷で観て来ました。 森谷司郎監督、映画「聖職の碑」の感想です。 大正2年、修学旅行の木曽駒ヶ岳登山中だった生徒25名と引率教師等、総勢37名が事故に遭遇した悲劇を題材にした小説(新田次郎氏作)が原作。 元々事件を題材にた映画…

映画「クレージー作戦 くたばれ!無責任」(1963年 東宝)

坪島孝監督、映画「クレージー作戦 くたばれ!無責任」の感想です。 1960年代に流行したコミックバンド「クレージーキャッツ」主演による「作戦シリーズ」第二弾。 歌が印象的でコメディーだけではなく、ミュージカル要素が含まれた喜劇。 お恥ずかしいのです…

「ウルトラマントレジャーズ」発売記念『古谷敏さんトークイベント&握手会』in 書泉グランデ

昨夜、神保町の書泉グランデで開催された古谷敏さんのイベントに行ってきました。 古谷さん、めちゃくちゃカッコよかった!!! 第一印象、脚が長い。鼻も高い、いやまて腕も長い手も大きい。なんと素晴らしいプロポーションなんでしょう! 古谷さんが神等身…

ウルトラセブン「姿なき挑戦者」放映1話

ウルトラセブンより、放映第1話(制作第5話)「姿なき挑戦者」の感想です。宇宙狩人クール星人、カプセル怪獣ウインダム登場回。 第1話らしく地球防衛軍極東基地の仕組み、ウルトラ警備隊員のメンバー紹介が、浦野光氏のナレーションによって語られる。 タケ…

漫画・楳図かずお版「ウルトラマン」

番組放送と同じ1966年から「週刊少年マガジン」にて連載されていた、楳図かずお先生の「ウルトラマン」。 オリジナルのサンコミ、サンSP版、サンワイド版、文庫版、完全版と、数々出版されておりますが、手にしたのは当時のオリジナル誌面を再現している文庫…

映画『エヴォリューション』+未公開短編『ネクター』上映 PARTY NIGHT!

本日開催された「映画『エヴォリューション』+未公開短編『ネクター』上映 PARTY NIGHT!」に行ってきました。 少し前に少女達の世界を描いた「エコール」を鑑賞し、これが少年だったら最高だぜ!と、思っていた矢先に公開された「エヴォリューション」。 と…

ウルトラマン「さらばウルトラマン」放映39話

ウルトラマンより、放映第39話(制作第39話)「さらばウルトラマン」の感想です。 宇宙恐竜ゼットン、謎の宇宙人(ゼットン星人)登場回。 ウルトラマンの死、当時の子供達の目にはどう映ったのでしょうか。 今まで敗北のなかったヒーローの目の輝きが消え、…

【 ウルトラヒーロー 握手・撮影会 】 in ABCハウジング成城住宅公園

11月6日(日)にABCハウジング成城住宅公園で開催された「ウルトラヒーロー 握手・撮影会」に行ってきました。 東宝スタジオの一角である聖地でウルトラマンが登場!やってくれるぜ! 最近ガワ系統のイベントにはめっきり出向かなくなったが、成城はズルいよ…

ウルトラマン「宇宙船救助命令」放映38話

ウルトラマンより、放映第38話(制作第38話)「宇宙船救助命令」の感想です。 高熱怪獣キーラ、砂地獄怪獣サイゴ登場回。 プロスペクター計画が順調に進む中、Q星で異常発生。 宇宙船救助命令が下され科特隊は専用宇宙ロケット"白鳥"で宇宙中継ステーション"…

映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」(1965年 東宝)

監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二映画「フランケンシュタイン対地底怪獣」の感想です。 鑑賞後に調べて分かったのですが、結末にバリエーションがあるようですね。 鑑賞したDVDは「海外版」と記載されており、ラスボスタコの方です。 第二次世界大戦の…

映画「社長洋行記」(1962年 東宝)

杉江敏男監督、映画「社長洋行記」の感想です。 社長シリーズの第十四弾。 ちなみに社長シリーズは一切未鑑賞の身であります(小声) 次作である「続・社長洋行記」の前篇であり続きが唐突な幕締め。てか 何しに香港まで行ったんだっけ…( ゚Д゚)? 貼り薬サク…

ウルトラマン「小さな英雄」放映37話

ウルトラマンより、放映第37話(制作第37話)「小さな英雄」の感想です。怪獣酋長ジェロニモン、ドラコ(再生)、テレスドン(再生)、ピグモン(再生)登場回。 最終回が近づくに連れて重いテーマが続く。 本作では「敵を倒すのは結局ウルトラマン」とイデ…

ウルトラマン「射つな!アラシ」放映36話

ウルトラマンより、放映第36話(制作第36話)「射つな!アラシ」の感想です。変身怪獣ザラガス登場回。 絶対アラシ射つじゃんこれ 完全にフリであるタイトルに笑った。皆さんの期待通り、アラシは射ちますw 都心に新設された児童会館の見学に訪れたムラマツ…

ウルトラマン「怪獣墓場」放映35話

ウルトラマンより、放映第35話(制作第35話)「怪獣墓場」の感想です。亡霊怪獣シーボーズ登場回。 実相寺監督の演出と佐々木氏の脚本により、怪獣は悪としてではなく"姿形が異なるだけで各天体から追放されてしまう"哀しい存在である様子が描かれている。 …

ウルトラマン「空の贈り物」放映34話

ウルトラマンより、放映第34話(制作第34話)「空からの贈り物」の感想です。 メガトン怪獣スカイドン登場回。 科特隊の割と緩い日常がコミカルに描かれている。戦闘時もなんだか緊張感が薄い。 ベーターカプセルと間違えてスプーンを堂々と掲げるハヤタはあ…

映画「黒い画集 第二話 寒流」(1961年 東宝)

鈴木英夫監督、映画「黒い画集 第二話 寒流」の感想です。 「黒い画集 あるサラリーマンの証言」に続いて、原作は松本清張の「黒い画集」第6話として連載された小説。また不倫の話やな。 安井銀行に勤める桑山英己常務(平田昭彦様)は、大学が同じで同期入…

映画「黒い画集 あるサラリーマンの証言」(1960年 東宝)

堀川弘通監督、映画「黒い画集 あるサラリーマンの証言」の感想です。 ウソ。ダメ。ゼッタイ。 原作は、松本清張の短編小説集「証言」。 どこか虚しさを感じる平和なメロディと共に石野貞一郎(小林桂樹氏)の平凡なサラリーマンとして独白が淡々と語られて…

誘拐怪人「ケムール人」登場 in 怪獣酒場

11月23日はケムール人に会いに怪獣酒場へ行ってきました。 ただの黒い天使ですよね分かります 憧れのケムール人に会えた興奮で、「かわいい〜(裏声)」とか見当違いな発言をしてしまう俺氏であります。 御付きの方に訪ねたら、二代目ケムール人とのこと。(…

映画「ゴジラの逆襲」(1955年 東宝)

監督・小田基義 (本編)/円谷英二 (特撮)、映画「ゴジラの逆襲」の感想です。 前作である「ゴジラ」のラストで山根博士が語った不安が現実になってしもた~! 絶望で深刻な問題から解き放たれ、暗喩の描写が薄く物足りなさを感じた一作。 存在は引き継がれて…

映画「緯度0大作戦」(1969年 東宝)

監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二映画「緯度0大作戦」の感想です。 日米合同のSF東宝映画。 人類の平和を願うユートピア「緯度ゼロ」誇る潜水艦アルファー号の艦長・マッケンジーと「ブラッドロック島」の支配者であり潜水艦黒鮫号を擁する悪のマッドサ…

ウルトラマン「禁じられた言葉」放映33話

ウルトラマンより、放映第33話(制作第33話)「禁じられた言葉」の感想です。悪質宇宙人メフィラス星人登場回。 なんだよこのショタコン宇宙人 (怒られろ 航空記念日の航空ショーの見物に来ていた、ハヤタ、フジ、フジの弟・サトル少年。 サトル少年にだけ…

映画「ニュージーランドの若大将」(1969年 東宝)

福田純監督、映画「ニュージーランドの若大将」の感想です。 若大将シリーズの第十四弾。 なんか無駄に挿入歌多いな? バンドやってたり、軽音楽部に所属してたり、若大将は音楽が好きなのでしょう。突然歌い出します。 若大将シリーズは西條康彦様が御出演…

ウルトラマン「果てしなき逆襲」放映32話

ウルトラマンより、放映第32話(制作第32話)「果てしなき逆襲」の感想です。灼熱怪獣ザンボラー登場回。 自作のインキチくじで1週間の休暇を日本で過ごすインド支部のパティ隊員をエスコートする権利を得たハヤタ隊員。 騙されたアラシイデフジを見て爆笑す…

ウルトラマン「来たのは誰だ」放映31話

ウルトラマンより、放映第31話(制作第31話)「来たのは誰だ」の感想です。吸血植物ケロニア登場回。 ゴトウ隊員とハヤタ隊員の区別がつかんw 20年ぶりに帰国した、科特隊南アフリカ支部のゴトウ隊員演じる桐野洋雄氏は黒部進氏と良く似た御顔立ちである。 …

ウルトラマン「まぼろしの雪山」放映30話

ウルトラマンより、放映第30話(制作第30話)「まぼろしの雪山」の感想です。伝説怪獣ウー登場回。 謎の少女雪ん子ことユキと、飯田山に現れ恐れられる伝説怪獣のウー。 両者は怪獣として村人から妬み嫌われていた。 「どうしてこんな意地悪をするの?皆と仲…

コイン怪獣「カネゴン」登場 in 怪獣酒場

登場怪獣Q月間の三発目はカネゴン! Qでは常にハラヘリだが、 金をせがまぬいい子だよ 絶対確認してやろうと思ってたメーター、すっかり見るの忘れた\(^o^)/ 元気だったから、だいぶ貯め込んでいただろう。 口チャックがふにゃふにゃで、カワ(・∀・)イイ!! 平日な…

ウルトラマン「地底への挑戦」放映29話

ウルトラマンより、放映第29話(制作第29話)「地底への挑戦」の感想です。黄金怪獣ゴルドン登場回。 日本一の埋蔵量を誇る金山・大田山から急に金が取れなくなった。原因不明。 間もなく大田山から怪獣が現れ、室生町の全滅が科特隊へ報告される。 「防衛隊…

ウルトラマン「人間標本5・6」放映28話

ウルトラマンより、放映第28話(制作第28話)「人間標本5・6」の感想です。三面怪人ダダ登場回。 奥多摩の峠道で、次々と続発する原因不明のバス転落事故。 事故は決まって日向峠を通過する正午に発生した。 問題のバスに乗り込み事故覚悟の危険な任務にも関…

映画「銀座の若大将」(1962年 東宝)

杉江敏男監督、映画「銀座の若大将」の感想です。 若大将シリーズの第二弾。 大学の若大将で水泳部のエースだった主役の若大将こと田沼雄一(加山雄三氏)が、今回は軽音楽部に所属する京南大学生の設定。 若大将の喧嘩っぷりを目撃した拳闘部マネージャー・…

映画「妖星ゴラス」(1962年 東宝)

監督・本多猪四郎、特技監督・円谷英二 映画「妖星ゴラス」の感想です。 土星探査の任務を負って宇宙へ飛び立った宇宙船・隼号。 順調に見られたが、火星軌道を通過して間もなくパロマー天文台から謎の怪星「ゴラス」の発見が発表され、急遽ゴラス調査の新任…

映画「大学の若大将」(1961年 東宝)

杉江敏男監督、映画「大学の若大将」の感想です。 大ヒット若大将シリーズの第一弾。 本作の主役、若大将こと田沼雄一(加山雄三氏)は、京南大学水泳部のエース。 マイペースで食欲旺盛、頼まれごとは断れないヒーローっ気のある性格だ。 憎めない悪役青大…

映画「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」(1960年 東宝)

監督・松林宗恵、特技監督・円谷英二、 映画「ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐」の感想です。 偵察士官・北見中尉(夏木陽介氏)のモノローグに沿って、真珠湾攻撃からミッドウェー戦の帝国海軍の戦いを描いた本作。 いやはや、キャストに目移りし…

海底原人「ラゴン」登場 in 怪獣酒場

登場怪獣Q月間の二発目はラゴン! わーいわーいラゴンわーい Qと来たから雌かと思いきや、雄なのかー! マンでは音楽通用せず、口から光線を吐くなどして凶暴なラゴンさんでしたが、 めっちゃ大人しいやん... 酒場フィルターによって、もれなくイケメン これ…

映画「太平洋の翼」(1963年 東宝)

監督・松林宗恵、特技監督・円谷英二 映画「太平洋の翼」の感想です。 終戦から17年しか経っていない時代の戦争映画。 ストーリーや人物は架空だが、戦争とはいえ罪のない人間が滅んでいった結末は事実である。 301飛行隊「新撰組」隊長・滝大尉(加山雄三氏…