これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

ウルトラマンフェスティバル2019

夏はウルフェス!今年も行ってきました。ウルフェスも30年くらい続いてるイベントなんですね。その前に、新シリーズの『ウルトラマンタイガ』を(やっと)観ました。地球人と宇宙人が共存する世界、良いですね。ま、トラブルは絶えないですが。共存と云うより…

『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theaterスペシャルトーク&上映会 ~「東京氷河期」

更に遡ります。6月15日(土)に開催された『ULTRAMAN ARCHIVES』Premium Theaterスペシャルトーク&上映会 ~「東京氷河期」のライブビューイングを鑑賞した時の感想です。前回と同じく、今回もシアタス調布に足を運びました。昨年11月からウルトラマンアーカ…

「ウルトラQ展~墓場の怪獣大行進~」in 墓場の画廊

少し遡った内容で恐れ入りますが。201Q年、中野にウルトラ怪獣がやってくる!の謳い文句にトキめきを抱いた、「ウルトラQ展〜墓場の怪獣大行進~」に御邪魔致しました。7月18日~30日迄、中野の墓場の画廊で開催されていたイベントです。劇場で開催される某…

Takujiさんの同人誌「T's Q」

部屋を掃除してたら「あけてくれ!」のフォノシートが出てきた。円盤に、ロマンスカーが印刷されてて、内容はフィルムサウンドトラック。冊子の挿絵は、石原豪人氏です。ま、昨日見た夢の話なんですけどね。(実在してたらすげーなおい) てな訳で、Takujiさん…

『怪奇大作戦』飯島敏宏監督×実相寺昭雄監督 特選作上映会&トークイベント

残暑御見舞い申し上げます。コミケ終了したら落ち着いて引き籠れるぞ~と期待していたが、そうはいかない。今年の夏は僕の興味を惹くイベントが多い、多過ぎる。てな訳で、重たい体を引き摺って、和光大学ポプリホール鶴川で開催された『怪奇大作戦』飯島敏…

怪獣供養祭 in 怪獣酒場 川崎

説明しよう。怪獣供養祭とは、ウルトラマンに倒された怪獣を弔う目的で開催されている、怪獣酒場御盆時期恒例のイベントである。そして、この怪獣供養祭の時期には、決まってシーボーズが怪獣墓場から怪獣供養に出現するのだ。てな訳で、川崎の怪獣酒場で御…

ぼくらコミックス『3大怪獣の大決闘まんが!ウルトラQ』井上英沖

先日からこの話題ばかりで恐縮ですが、「戸川一平大百科」は通販分も完売しました。これにて頒布終了とさせて頂きます。御求め下さり大変有難う御座居ました。通販分は、昨日から順次発送させて頂いております。御到着まで今暫く御待ち下さい。以下、本題。…

コミケ96、無事に終了!

本日、コミケで頒布させて頂いた「戸川一平大百科」は、御蔭様で完売となりました。完売につき、拙サークルは、14時過ぎに撤収させて頂きました。わざわざ、御暑い中、御越し下さった方、大変有難う御座居ました。 ↑ 室内とはいえど茹だる様な暑さの中で、某…

明日!コミケ96に参加します。

本日からコミケですね。僕は愈愈明日、コミケに(初)サークル参加します。 大好きな一平くんに特化した同人誌を頒布します。小冊子です。始祖である『UNBALANCE』の「戸川少年」から近年、『ウルトラQ怪獣伝説 ー万城目淳の告白ー』で出家した一平…

浅草で、フォネオリゾーン

やっと、可愛いアイドルくんに会いに行けました。 はい。なんか済みませんでした。出来れば、もっと早く応援に出向きたかったのですが、如何せん先月は不慣れな同人誌に苦戦していて余裕がありませんでした。(白目) なので、やっと、やっと出会えたフォネオ…

アトラス

西條康彦様の愛犬について。西條様は東宝を御辞めになった後、フリーの俳優としてテレビで御活躍されていた反面、「アトラス」と云うスナックを経営なされていました。それ以前に、愛犬家であり、犬のブリーダーだった御話は、実は余り知られていません。西…

小沢直平先生の剪画教室

今年に入ってから、約半年間の短期では御座居ますが、小沢直平先生が講師を務める剪画教室に通い、剪画(切り絵)を学ばせて頂きました。「剪画」とは、黒い和紙を刃先で切り出して描く絵画です。それ迄使われていた遊技的な意味合いを持つ「切り絵」では無…

戸川一平大百科

同人誌。来たるコミケ2日目に出します。もう来週ですね。 なんと、戸川一平役の西條康彦様に御協力頂き、独占インタビューを掲載しております。 『ウルトラQ』及び「戸川一平」に関する"Q"個の質問に御答え頂きました。 撮り下ろしの御写真も掲載していま…

途中経過

同人誌。もうコミケ迄1ヶ月切ってますよ。終わりが見えて来ましたが、どっち道ギリギリです。(何をやってもいつもそう) 40頁ぐらい。一平くんの事しか書いてません。一平くんの年齢は?好物は何か?星川航空を引退した後の進路とか、そんな事ばっかです。大…

『怒りの孤島』を白黒で観ました。

「舵子事件」を御存知ですか。戦後間も無い1948年に山口県の孤島・情島で起きた児童虐待事件の呼称です。古来、情島では、漁船の舵を取る役目を子供にさせる「舵子制度」と云う風習が続いており、その役目を担う子供は「舵子(かじこ)」と呼ばれていた。元…

近況

済みません、突然休止にして閉じやがった癖に、また普通に再開します。更新するとは云ってません。そりゃもう、云いたい事は色々と御座居ますけれど、一番近い記憶だと、フィルムセンターで恩地日出夫監督の『若い狼』を観ました。ヤクザの組員役を演じた西…

コミケ96当選しました。

スペース頂きました。とか常連ぽく告知してみたが、初参加です。と云うか、色々初めてです。最初で最後だと思います。最愛の「戸川一平」に関する本が残せたらと思っています。ええ、思っているだけです。(おい) 8月10日(2日目)土曜日 西地区 " け " ブロッ…

エスパー2号に関して

僕の少年愛は病気ではありません。よって治療も出来ませんし、回復もしません。(どこかで聞いた事のあるフレーズだ!) 一言にショタコン、と云っても様々です。僕は、第二次性徴期に萌えます。生きてる世界が異なる高嶺の花、純粋故の残酷な瞳、未発達で不安…

新文芸坐 大ゴジラまつり

来たる、5月31日公開の新作『ゴジラ キング・オブ・モンスターズ』の公開を記念して開催された「新文芸坐 大ゴジラまつり」に行って来ました。23日に上映された『キングコング対ゴジラ』(4Kデジタルリマスター/DCP)、『怪獣総進撃』(35mmフィルム)2本立てを…

ULTRAMAN ARCHIVES 『ウルトラQ』「ガラモンの逆襲」Blu-ray & DVD

プロジェクトを応援したい気持ちは在るものの、1作品売りのDVDなんか買わねー!とボロクソにほざいてましたが、訂正させて下さい。推しが出るなら話は別だ。 西條康彦様がプレミアムトークに新撮インタビューで御出演なされるとの有難い御告げを耳にして秒で…

漫画『おとこの口紅』常山プロダクション

人生とは、喜劇を通り越して悲劇なのかも知れない。1985~1986年迄「週刊漫画 TIMES」で連載された傑作漫画『おとこの口紅』。当時、読者から好評を博していたらしいのですが、残念ながら単行本化には至らず、密かに埋もれていた名作が、長い時を経て復刻さ…

漫画『人間怪獣トラコドン』古賀新一

丁度、52年前の今頃だ。1967年5月15日、ひばり書房より発行された古賀新一先生の『人間怪獣トラコドン』 を入手・読了しました。全5巻の内、4巻を関すすむ先生が執筆なさったひばりオリジナル怪獣シリーズの中で、唯一、ホラー漫画家として名高い古賀新一先…

『漫画Q』の「セクシー怪獣シリーズ」( 後篇 )

体に悪いと知りながら、たまに訳の分からん原材料が入った御菓子を食べたくなる時あるじゃないですか。(知らん) 漫Qのセクシー怪獣を求める心理はその「体に悪いと知りながら」の感覚に近い欲求です。時間が空いてしまいましたが、漫Qのセクシー怪獣(前篇)…

朝日ソノラマ/ソノシート『怪竜大決戦』「自雷也対大蛇丸」

『怪竜大決戦』を観直していたら、マリンファンタムショー、じゃない、自雷也を始末したとの大勘違いで宴会中の尾形城を襲撃した大蝦蟇のカットで登場する筋斗雲に乗っているのは正しくは大蛇丸であって、自雷也だと云うのは完全に見間違いでした。(馬鹿丸出…

後楽園ゆうえんちで「赤影参上」

去る昭和の日、通称TDC(東京ドームシティ)のコスプレイベントに行って来ました。身の程を弁えず、無謀にも憧れの赤影様の仮装で、青影と一緒(!)に。相変わらず過去の失敗を学ばず、予定の3日ぐらい前からしか本気が出ないクズ(笑えない)なので、イベント…

映画『怪竜大決戦』(1966年 東映)

御無沙汰の更新です。いやァ、ネットに時間を溶かす余裕が無かった、てのが正直な所かも知れません。リア充って奴かな。(ドヤ顔) 赤影様の気配を求めて太秦映画村へ京都に出向いたり、今月デビウした若手芸人の応援してたり、剪画の御稽古だったり、そろそろ…

朝日ソノラマ/ 『仮面の忍者 赤影』「勢ぞろい霞谷七人衆」

1967年5月15日に朝日ソノラマより発行された『仮面の忍者 赤影』初のソノシート「怪物ガマ法師」に続いて、登場した『仮面の忍者 赤影 ~「勢ぞろい霞谷七人衆」』の御紹介です。なんか、ソノシート紹介ブログみたいになってきたな。道草してたら迷子になっ…

朝日ソノラマ/ 『仮面の忍者 赤影』「怪物ガマ法師」

突然の『赤影』(様)ブーム到来! 御存知の通りに怪獣は大好きですが、忍者や時代劇の世界に心酔するとは、自分でも予想外ですよ。僕が尊敬してる特撮博士の殿方が「赤影は最優先!」と念を押して下さったのが良かった。 何を隠そう、僕がこうなった根っ子は…

漫画『怪獣大戦争』関すすむ

1967年4月15日、ひばり書房より発行された関すすむ先生の『怪獣大戦争』 を入手・読了しました。X星人もギドラも出てこないよ。塚、世界的に有名な某映画とタイトルと被ってるのはマグレなのか悪意なのか。同じ「ひばりオリジナル怪獣シリーズ」で、単独作品…

コダマプレス/『前世紀怪獣大あばれ』~ノア号決死の怪獣狩り

コダマプレスより1966年(?)に発売された『前世紀怪獣大あばれ』を入手しました。恐らく第一次怪獣ブームに肖って「コダマ怪獣がいっぱい特集号」と題された全2作のシリーズ物で、コダマプレス/『宇宙怪獣大あばれ』~ノア号!カエル人間撲滅せよ! の前篇。…