これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

洋画

最近作の怪獣・SF映画に関して、戯言

【1】ギレルモ・デル・トロ監督、『シェイプ・オブ・ウォーター』(原題:The Shape of Water) ― 孤独な中年女性(発声障害)と半魚人の恋愛物語。僕には刺激が強過ぎた。 結末に感じたデジャブは同監督作の『パンズ・ラビリンス』だ。アンハッピーエンド漂…

映画『獣人ゴリラ男』(1956年 メキシコ)

フェルナンド・メンデス監督、映画『獣人ゴリラ男』(原題:『Ladrón de Cadáveres』)の感想です。 【粗筋】― メキシコ・シティで殺害されたプロレスラー選手が頭に穿孔手術を施された奇怪な死体として発見された。 怪殺人犯を追うメキシコ警察のロブレス警部…

映画「大怪獣ヨンガリ」(1967年 韓国/極東フィルム)

キム・キドゥ監督、映画「大怪獣ヨンガリ」の感想です。 鑑賞したのは1968年にアメリカの劇場公開用に編集された「YONGARY:MONSTER FROM THE DEEP」(原題)。 中東周辺で行われた核実験が原因で目覚めた大怪獣ヨンガリに対して奮闘する人間ドラマを描いた怪…

映画「フランケンシュタイン」(1931年)

メリー・W・シェリーの執筆した小説を基に製作された、ジェイムズ・ホエール監督、映画「フランケンシュタイン」の感想です。 フランケンシュタイン男爵家の嫡男、若き科学者ヘンリー・フランケンシュタインは、美しき婚約者エリザベスとの結婚を目前に控え…

映画「猿人ジョー・ヤング」(1949年 RKO)

アーネスト・B・シューザックが監督、ウィリス・H・オブライエンと弟子のレイ・ハリーハウゼンが特撮を務めた、映画「猿人ジョー・ヤング」の感想です。 「キング・コング」(1933年)のスタッフが再集結し、製作された大傑作。 悲劇的な結末を迎える「キング…

映画「コングの復讐」(1933年 RKO)

「キングコング(1933)」と同じスタッフによって製作された続編、映画「コングの復讐」の感想です。 前作でキングコングをNYに連れ込んだデンハムは、被害を受けたNY市民からコングが破壊した建物や踏み潰された人達の遺族から告訴をされ生活困窮に陥ってしま…

映画「キングコング:髑髏島の巨神」試写会 in ワーナー・ブラザース試写室

本日、ワーナー・ブラザース試写室で開催された映画「キングコング:髑髏島の巨神」試写会へ行ってきました。 本編上映前に、本作の字幕監修を担当なさった映画評論家の町山智浩さんをゲストに迎えたトークショーが行われ司会にマフィア梶田氏が登壇するサプ…

映画「キングコング」(1933年 RKO)

メリアン・C・クーパー、アーネスト・B・シェードザックが監督・制作、ウィリス・H・オブライエンが特撮を務めた、映画「キングコング」の感想です。 世界特撮映画の元祖であり、偉大成る円谷英二氏が特撮を志す動機になった作品という話はあまりにも有名。 …