某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

快獣ブースカ「スピード銃に気をつけろ!」放映30話

快獣ブースカより、放映第30話(制作第30話)「スピード銃に気をつけろ!」の感想です。 「授業が早く終わって欲しい」ゾロ目の要望に応えて、大作は昨年から発明していた物体の動きを素早くする「スピード液」を完成させる。 同時にブースカとチャメゴンが用意…

快獣ブースカ「地底戦車タンクで探険」放映29話

快獣ブースカより、放映第29話(制作第29話)「地底戦車タンクで探険」の感想です。 大作が製作したSF映画「地底帝国の襲撃」を鑑賞したチャメゴンは地底帝国の存在を信じ切って自分も地底に行きたいと言い出す。 クラスメイトの頼みも加わり大作は皆の為に、…

快獣ブースカ「宇宙から来たんだ」放映28話

快獣ブースカより、放映第28話(制作第28話)「宇宙から来たんだ」の感想です。 いい子になる為に幼稚園に通う事になったチャメゴンは、園内で自分が"チャメ星からやって来た快獣"だと言うが誰にも信じてもらえず、特殊能力の変身を乱用して大暴れ。 大作はチ…

快獣ブースカ「ブースカ対チャメゴン!」放映27話

快獣ブースカより、放映第27話(制作第27話)「ブースカ対チャメゴン!」の感想です。 人間社会の常識知らずなチャメゴンは朝から洋服や楽器を盗んでやりたい放題。 ブースカ等は度重なる悪戯を止めようとするが、メチャ一味と手を組んだチャメゴンは遂に怒った…

快獣ブースカ「チャメゴン誕生」放映26話

快獣ブースカより、放映第26話(制作第26話)「チャメゴン誕生」の感想です。 「町内一周二人三脚大会」のレクレーションでトンカチさんに意地悪を言われ、どうしても弟が欲しくなったブースカの為に、大作は物体電送構成装置を発明した。 リスを物体電送構成…

快獣ブースカ「夢を食べちゃった!」放映25話

快獣ブースカより、放映第25話(制作第25話)「夢を食べちゃった!」の感想です。 「ジミー少年の冒険」と言う名の本に夢中な大作は、遂に夢にまで物語に登場する「壁の悪魔」が出現して白い壁を突破しておとぎの国へ行こうとする大作の行く手を阻む。 壁の悪魔…

快獣ブースカ「ぼくは一等賞」放映24話

快獣ブースカより、放映第24話(制作第23話)「ぼくは一等賞」の感想です。 校内発明展で5年連続一等賞を狙う大作が、人間が自由に空を飛べる「トンビラー」を発明した。 ブースカで飛行実験を行った所、実験成功。(実は、期待に応えたかったブースカがトンビ…

快獣ブースカ「ワッペン戦争」放映23話

快獣ブースカより、放映第23話(制作第24話)「ワッペン戦争」の感想です。 大作のクラスにやってきた金持ち転校生ツトム君がワッペンを配った事が原因で、大作のクラスはアンパン騎兵隊とビスケット騎兵隊に分かれて対立、元帥のワッペンを求めて戦争を控えて…

快獣ブースカ「大爆発! ご用心」放映22話

快獣ブースカより、放映第22話(制作第22話)「大爆発! ご用心」の感想です。 ニトログリセリンの50倍で東京半分を爆破させてしまう爆薬「QP液」を盗んで逃走中のタコ原タコ之助は、大作の父のクラスメイト・ヘソ山に成り済まし、屯田家に潜り込んだ。 ブー…

映画「ハワイの若大将」(1963年 東宝)

福田純監督、映画「ハワイの若大将」の感想です。 初の海外ロケを行った若大将シリーズ第四弾。 若大将がキャプテンを務めるヨット部がレースに向けて青春を謳歌する本作に対して、ヨットで漂流した若者達のエゴを描いた「マタンゴ」が併映作とは衝撃ですな…

ひし美ゆり子さんトークショー&サイン会 inシネマヴェーラ渋谷

本日、シネマヴェーラ渋谷にて11:00~『好色元禄㊙物語』上映後に開催された、ひし美ゆり子さんのトークショー&サイン会に参加しました。 ひし美ゆり子さんは、言わずと知れたウルトラセブンの紅一点・アンヌ隊員を演じた女優だが、アンヌの後に撮影された…

漫画「母さんお化けを生まないで」白川まり奈

1988年にひばり書房より発行された白川まり奈氏の「母さんお化けを生まないで」を入手・読了しました。 プレミア値で躊躇していた本書だが、曙出版「侵略円盤キノコンガ」が面白かったので、軽率に買ってしまったよ\(^o^)/ 表紙に出ている目が飛び出た奇形…

漫画「侵略円盤キノコンガ」白川まり奈

曙出版より発行された白川まり奈氏の「侵略円盤キノコンガ」(1976年)、「どんづる円盤」(1978年)両作の復刻本として1998年に太田出版から刊行した『侵略円盤キノコンガ』を入手・読了しました。 白川まり奈とは、少女漫画家の様な雰囲気を醸し出す名前からは…

宇宙恐竜「ゼットン」登場 in 怪獣酒場

昨日、怪獣酒場(川崎)へゼットンに会いに御邪魔してきました。 「地球人が選ぶ登場怪獣リクエスト」では、堂々一位のゼットン。 どうも二代目っぽいブモさを感じる、愛らしいゼットンですね。 御付きの御姉さんがウルトラMCガールズのるい御姉さんで驚いたの…

映画「怪談昇り竜」(1970年 日活)

石井輝男監督、映画「怪談昇り竜」の感想です。 スタンダードな極道ストーリーに怪談を交え、異質な娯楽性に富んだ任侠映画。 猫の祟りを主題にしたホラー添加の他に、奇形人間、見世物小屋、エロティズムといったアングラ要素を盛り込んだ怪作である。 物語…

映画「暗黒街の弾痕」(1961年 東宝)

岡本喜八監督、映画「暗黒街の弾痕」の感想です。 佐藤勝氏の爽快な音楽も相俟ってバイクと車の壮絶なスピードを魅せ、ラストまで喜八監督の独特なテンポが愉しいスパイアクション活劇。 或る日、電報より兄の急死を知った捕鯨砲練習所の指導員・草鹿次郎(加…

映画「暗黒街の対決」(1960年 東宝)

岡本喜八監督、映画「暗黒街の対決」の感想です。 組長と妻の敵討ちを企てる元小塚組の堅気と、暗々暴力団撲滅に務める刑事の奇妙な友情を描きつつ粋なユーモアが痛快なアクション快作。 暴力都市「荒神市」では新興暴力団の大岡組と古手の小塚組が荒神川砂…

映画「エレキの若大将」(1965年 東宝)

岩内克己監督、映画「エレキの若大将」の感想です。 当初のエレキギターブーム最中に製作、公開された若大将シリーズ第六弾。併映は、怪獣大戦争。 前日のイベントで古谷敏氏が若大将に御出演なさっているのを耳にしてヒットしたのが「ハワイの若大将」と本…

亡霊怪獣「シーボーズ」登場 in 怪獣酒場

怪獣酒場(川崎)で開催中の怪獣フェスティバルの中でも大変、大変愉しみにしていた怪獣供養祭のゲスト、シーボーズに会いに行って来ました。 この祭壇を目にすると今年ももう御盆になっちまったのだと痛感致しますな~。 開店1時間半前から並んで、無事に開店…

快獣ブースカ「ウルトラまんじゅうに突撃」放映21話

快獣ブースカより、放映第21話(制作第21話)「ウルトラまんじゅうに突撃」の感想です。 ボーイッシュで活発な女の子・虎子を女らしくさせようとメチャ太郎が大作へ「女の子らしくなる薬」の発明を提案。 大作は饅頭に似せた薬を発明するのだが、ブースカが誤…

満田かずほ監督 お誕生日上映会 in シネマノヴェチェント

7月30日にシネマノヴェチェントで開催された「満田かずほ監督 お誕生日上映会」に参加しました。 《本日7月30日(日)15時より開催!当日券有!》満田かずほ監督お誕生日上映 第一夜「快獣ブースカ 第17話」+「独身のスキャット 第5話」今年の8月5日で80歳を…

快獣ブースカ「空飛ぶ円盤がやって来た!」放映20話

快獣ブースカより、放映第20話(制作第20話)「空飛ぶ円盤がやって来た!」の感想です。 円盤を目撃したメチャ太郎を誰も信じない姿を不憫に思ったブースカが大作と協力して偽物の円盤を作りクラスメート一同に披露すると、円盤への要望がエスカレートしていき…

快獣ブースカ「ブースカにまかせて」放映19話

快獣ブースカより、放映第19話(制作第19話)「ブースカにまかせて」の感想です。 一郎、次郎、三郎の元へブースカが家庭教師を務める御話。 問題児の三兄弟の元へやってくる家庭教師は兄弟のワンパクに耐え切れず、次々と辞めていく中でブースカは兄弟の悪戯…

ウルトラマンフェスティバル2017-初日

※展示内容、ウルトラライブステージ 第1部「運命を切り開け 〜光と闇の戦い〜」等のネタバレを含みます。 7月21日(金)から池袋・サンシャインシティで開幕した「ウルトラマンフェスティバル2017」へ行ってきました。 放送50周年のアニバーサリーに合わせてだ…

棲星怪獣「ジャミラ」登場 in 怪獣酒場

何を思ったのか、ただでさえ外出したく無いクソ暑い中、2時間前から並んでジャミラに会いに川崎の怪獣酒場へ行ってきました。 今月と来月の登場怪獣は、6月1日(木)~6月30日(金)の間に実施された「地球人が選ぶ登場怪獣リクエスト!」の投票から上位の怪獣が…

「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へ初潜入

今年の5月21日に東京・新橋にて新オープンした「怪獣酒場 新橋蒸溜所」へ行ってきました。(遅い) バルタン星人が店長の川崎とは違って新橋蒸溜所ではメフィラス星人が店長を務めている。 混雑時は整理券が配布される様ですが、平日の日没前で空いてまして並…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『史上最大の侵略』(第4話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『史上最大の侵略』(第4話-最終回)の感想です。 主題となったウルトラセブン最終回「史上最大の侵略」(前後編)に合わせてゴース星人が登場。いつにも増して宇宙人のアクションが激しいのは気のせいか 恋愛と怪獣倶…

「ウルトラマン青春記―フジ隊員の929日」桜井浩子

無論「ウルトラQ」江戸川由利子役に続いて「ウルトラマン」フジ・アキコ役を務められた元祖ウルトラヒロイン、桜井浩子様の初自伝本「ウルトラマン青春記―フジ隊員の929日」を入手・読了しました。 一風変わったオーディションから初のTV番組へ進出にして空…

DVD「特撮の匠 VOL.3~俳優 編~」

2017年6月24日に発売されたDVD「特撮の匠 VOL.3~俳優 編~」を入手・拝見しました。 デジタルウルトラプロジェクトが、1996年~約20年に亘って挙行した日本特撮界の匠インタビュー映像が納められた「特撮の匠」DVDシリーズの第3弾、俳優編。 恐れ多くも今回…

映画「みな殺しの霊歌」(1968年 松竹)

加藤泰監督、映画「みな殺しの霊歌」の感想です。 全国指名手配中の川島(佐藤允様)が心を通わせる少年を陵辱して自殺に追い込んだ5人の女性を次々に強姦殺害していく復讐劇。 工事現場で働き荒んだ逃亡生活を送っていた川島は、出身地が同じ北海道と言うクリ…

ウルトラQアルバム―空想特撮シリーズ (ファンタスティックコレクション) 竹内博 編

竹内博氏が企画・構成を務めた「ウルトラQアルバム―空想特撮シリーズ (ファンタスティックコレクション)」を入手・読了しました。 本書は、主題を「ウルトラQ」のみに絞った本格的な写真集である。 第一刷発行の日付は、1997年10月30日。現在から約20年前の…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『さらばウルトラマン』(第3話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『さらばウルトラマン』(第3話)の感想です。 ウルトラマン最終回「さらばウルトラマン」に合わせてゼットンが登場。 第3話にしてやっと"怪獣"の登場だが、物語の締めに毎回御約束?だった怪獣(宇宙人)への恩義無し…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『セブン暗殺計画』(第2話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『セブン暗殺計画』(第2話)の感想です。 今回のテーマは、ウルトラセブン39話・40話「セブン暗殺計画」(前後編)よりガッツ星人。というよりフルハs 最終的には、前編でフルハシが彼女のナツコを照れ隠しで「妹の友…

映画「さらばモスクワ愚連隊」(1968年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 堀川弘通監督、映画「さらばモスクワ愚連隊」の感想です。 五木寛之氏の同題小説を田村孟氏が脚色を務めた青春映画。 且つてプロのジャズピアニストとして活躍していた北見英二(加山雄三氏)は、今や音楽プロモーターとして海外の…

映画「大日本スリ集団」(1969年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 福田純監督、映画「大日本スリ集団」の感想です。 藤本義一氏の「ちりめんじゃこ」原作を自身が脚色した人情喜劇。 関西で活躍するスリ集団の御頭である平平平平(三木のり平氏)と、平平の組織を追うスリ捜査課の刑事・船越富蔵(…

ドラマ「怪獣倶楽部」創刊号『狙われた街』(第1話)

MBS/TBSドラマイムズ「怪獣倶楽部」創刊号『狙われた街』(第1話)の感想です。 本作は、1970年を舞台に一般的に"子供向けテレビ番組"と部類されるウルトラシリーズ、怪獣を愛して止まない青年達が集い「怪獣倶楽部」の制作過程を友情や恋を交えながら描かれ…

映画「日蝕の夏」(1956年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 堀川弘通監督、「日蝕の夏」の感想です。 同題の原作者である石原慎太郎氏が脚本(井手俊郎氏と共同脚色)、主演と3役を務めた愛憎劇。 オートバイやモーターボード、サッカーを興ずる三島家の次男・直樹(石原慎太郎氏)は、裕福な…

映画「不良少年」(1956年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 谷口千吉監督、映画「不良少年」の感想です。 西村滋氏「笑わない青春の記」原作を菊島隆三氏と西島大氏が共同脚色した異色作。 舞台は、戦災孤児達が希望の無い青春を送る少年院。 教師の西田(菅原謙二氏)は、自らも少年院出身…

怪奇大作戦「白い顔」放映第3話

怪奇大作戦より、放映第3話(制作第2話)「白い顔」の感想です。 「一度だけで良い、御父様の本当の顔が見たい―」真っ直ぐな瞳で見つめる順子の先には、顔全体白い包帯で覆われたどう見ても様子が可笑しい父で有る水上博士がいる。 実験による事故で顔に大火傷…

怪奇大作戦「人喰い蛾」放映第2話

怪奇大作戦より、放映第2話(制作第1話)「人喰い蛾」の感想です。 スパイ追跡により手に汗握る怪奇アクション。 巧みな構成で徐々に暴かれていく陰謀、資本の過当競争を「現代の怪奇」と語る牧の台詞が斬新だ。 三沢の強引で暴走に近い単独行動を始めとした登…

映画「接吻泥棒」(1960年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 川島雄三監督、映画「接吻泥棒」の感想です。 ボクシングのチャンピオンである人気スターの男を巡って猛烈な恋心を抱く女性4人の四つ巴が繰り広げる異色のラブコメディ。 原作者の石原慎太郎氏が、宝田明氏を意識して書かれたと…

映画「死ぬにはまだ早い」(1969年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 西村潔監督、映画「死ぬにはまだ早い」の感想です。 身が引き締まる程に恐怖と緊迫感に満ちた密室サスペンス。 困窮状態に陥った人間が徐々に他人を疑心暗鬼し、醜い本性やエゴを露にする展開への焦燥感と来たら胸を抉られる様で…

映画「猿人ジョー・ヤング」(1949年 RKO)

アーネスト・B・シューザックが監督、ウィリス・H・オブライエンと弟子のレイ・ハリーハウゼンが特撮を務めた、映画「猿人ジョー・ヤング」の感想です。 「キング・コング」(1933年)のスタッフが再集結し、製作された大傑作。 悲劇的な結末を迎える「キング…

映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」(1970年 東宝)

監督・本多猪四郎(本編)、有川貞昌(特撮) 映画「ゲゾラ・ガニメ・カメーバ 決戦!南海の大怪獣」の感想です。 円谷英二監督が死去した後、初の東宝特撮作品。 フリーカメラマンの工藤太郎(久保明氏)は生物学の脅威・宮博士(土屋嘉男氏)、レジャー開発会社の宣…

「素晴らしき特撮人生」佐原健二(著)

言わずと知れた佐原健二様の自伝本、「素晴らしき特撮人生」を入手・読了しました。 表紙からクライマックスだぜ! 冒頭に"わが恩師 円谷英二監督 本多猪四郎監督に捧ぐ"と記されている様に、両監督がわざわざハワイで映画撮影中だった佐原様の元へ直々に「…

エルムレコード「怪獣総進撃」(主題歌2曲と怪獣30匹登場のドラマ入り)

エルムレコード「怪獣総進撃」(主題歌2曲と怪獣30匹登場のドラマ入り)を入手・拝聴しました。 ナレーターと怪獣の鳴き声で展開されていくオリジナルドラマ1本と、主題歌「ウルトラマンの歌」「ウルトラセブンの歌」2曲を収録。 "怪獣かべかけ百科"なる付録は…

映画「慕情の人」(1961年 東宝)

ラピュタ阿佐ヶ谷にて鑑賞。 丸山誠治監督、映画「慕情の人」の感想です。 本作は、井上靖氏の「揺れる耳飾り」を岡田達門氏・田波靖男氏が脚色したメロドラマである。 夫を亡くし、都心のビル地下街にある運動具店を経営している耿子(原節子氏)と夫の友人で…

映画「コングの復讐」(1933年 RKO)

「キングコング(1933)」と同じスタッフによって製作された続編、映画「コングの復讐」の感想です。 前作でキングコングをNYに連れ込んだデンハムは、被害を受けたNY市民からコングが破壊した建物や踏み潰された人達の遺族から告訴をされ生活困窮に陥ってしま…

うまし、なつかし昭和ホリデー in 西武池袋本店

4月29日(土・祝)~5月7日(日)の期間に、西武池袋本店で開催されている「うまし、なつかし昭和ホリデー」へ御邪魔しました。 会場では、これでもかって程に「高校三年生」(舟木一夫)がヘビロテされてて笑った。 昭和のグルメ以外にも、会場には所謂昭和の情景…

勁文社フォノシート「ウルトラQ」(ペギラが来た)

勁文社フォノシート「ウルトラQ」(ペギラが来た)を入手・拝聴しました。 ドラマ「ペギラが来た」、主題歌「大怪獣の歌」「ウルトラマーチ」を収録。フォノシートと別に、数ページのブックレットが付属しています。A4サイズ。 「怪獣ペギラ コミック・ゲー…