これでもくらえ

なにもかもウルトラQのせいだ

映画『秋立ちぬ』(1960年 東宝)

 

秋と云えば、大沢健三郎きゅんの無修正生チンポが拝める、で有名な(語弊)成瀬巳喜男監督の『秋立ちぬ』ですね。(有難い事に、金玉もバッチリ拝めます。) 成瀬監督作の中で、極めて稀な少年が主役の本作。しかし、やはり本質は少年を取り巻く周りの身勝手な大人達であり、特に、子供を抱える女性達の機微は、少年の心情を蝕む程に惨酷である。舞台は、新学期が始まる前の夏休み。父を結核で亡くした小学6年生の秀男は、母・茂子と共に長野から身を寄せる為、銀座で八百屋を勤める伯父の元へ上京する。都会に馴染めず、長野から連れて来た「リキ」と名付けたカブトムシと寂しく遊ぶ秀男は、小学4年生の順子と出会った。間も無くして、茂子は秀男と離れて、八百屋の近所にある旅館「三島」で女中として働き出すが、常連客の富岡と駆け落ち。秀男を残して、行方不明になる。一方、順子の母・直代は、大阪から月に2、3回会いに来る浅尾の二号夫人であり、順子は上京してきた義理の兄姉に軽侮された。傷心の順子は、同じく落ち込む秀男を連れて、海を見に晴海まで遠出した。山育ちの秀男にとっては、初めて触れる海だった。夏休み終盤、故郷の長野から秀男の元へ、リンゴと一緒に届いたカブトムシ。順子にカブトムシを貸す約束をしていた秀男は、家を飛び出し、順子が居る「三島」へと走った。しかし、「三島」は店を畳み、そこに順子の姿は無かった。途方に暮れた秀男は、順子に渡す筈だったカブトムシを片手に、嘗て順子と何度も遊んだ銀座のデパート屋上で霞んだ海を独り見つめるのであった…。上述の通り、少年(秀男)が主役ですが、並行して少女(順子)の物語でもあります。そして、子供達が生きていく上で必要な保護者、大人達の物語。大人の都合は、抵抗を許されない子供の心を深く抉り、時に虐待以上に冷酷です。少年少女の疎外感に対する心の機微を浮き彫りにする描写も然る事ながら、夫を亡くした妻の孤独感、二号である夫人の空虚感と云った、妻達のデリケートな心情が、少年少女の孤独を一層深めた要因だと思う。子供にとって母の存在は偉大です。母親が考えている以上に、絶対的な存在です。しかし、母親は母親である前に女であります。子供にとって母親は、母親。女ではありません。それを完全に理解し、受け止められるのは、ずっと年齢を重ねてからではありませんか。秀男の母が秀男を取り残し、客と駆け落ちして行方不明になった際に、伯母が秀男に向かって「お前の母ちゃんはね、お前を置いてどっかに行っちゃったんだよ」と真実でありながら心無い言葉を吐き捨てるが、秀男は「嘘ずらに」と反抗する。中年の女って怖いわね~。ずっと一緒に居た母が自分を捨てる筈なんてないと、純粋に信じる事しか秀男には手段がありません。そして、本宅との差別、多妻に疑問を持つ順子も、大人の事情で苦悩する。寡黙な秀男と対極して、何でもストレートに大人へ疑問をぶつける順子ですら、大人達に翻弄されてしまう。大人の悪意なきエゴイズムによって、子供の権限が完全に失われている。ある種、内面から破壊していく虐待みたいなもの。自分を優先していると云うだけで、悪意がない事に恐怖します。秀男の家庭環境で唯一の救いだったのが、夏木陽介氏演じる従兄の昭太郎。彼は、怒鳴る伯父や嫌味を言う伯母から秀男を庇って、休みの日には、ドライブに連れて行ったり、カブトムシを探して励ましていたが、結局最後に約束を破って秀男を置いてドライブに走ったのはマジで許せねえ。昭太郎も身勝手な大人の枠内ですね。でも、歌のセンスなくて音痴で抜けてるとこは好感持てます。秀男が横に眠ってて、昭太郎がギター片手に歌ってるシーンの画、最高にエモいと思う。上京、母との別れ、順子との出会い、そして別れ…壮絶に思われた時間の流れが、銀座周辺で起こった事象、夏休みの僅かな一時であった事に驚かされる。非常に目を惹いたのが、銀座周辺の嘗ての東京の風景。何より、銀座の屋上から海が見える時代があったなんて…。(驚愕) 本作を象徴する重要スポットは、今は亡き銀座松坂屋の屋上です。(東京タワーも確認出来ます。) 夏の終末と秋の来訪に少年の哀愁を重ねた至高のラストシーンは、あの場所だから成り立つ光景。山育ちの秀男にとって憧憬の的だった海だが、期待に反して、度々不平を漏らしていた心境が興味深い。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20191018070914j:plainf:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20191018073641j:image

 

助監督に野長瀬三摩地氏。そして、特筆すべきは西條康彦様の御出演。デパートの販売員(実習生)の山下役。松坂屋の屋上と、デパート内での二場面の御出演です。堀川監督『青い野獣』で演じられた西君宛ら、ヒル西條様の御降臨です。駆け落ちした茂子に対して「バカだよ、そんなの」と、吐き捨てます。(好き)「寄らば大樹の陰」をモットーに、中小企業は駄目!って。国会デモ参加勢の計算高いヤンチャなエリート君って感じ。監督の御指定だったのか、西條様の工夫だったのか、夏を彷彿とさせるシャツの着こなしが見事ですね。何より、咥え煙草姿が堪りませんなぁ。本作は、円盤化してませんけど、アマゾンプライムで有料配信しています。来月から神保町シアターで、没後50年の成瀬監督特集が開催されるようで、『秋立ちぬ』もラインナップに入ってますね。遂に無修正チンポが大画面で観れるのか………

 

 

秋立ちぬ

秋立ちぬ