某A氏の独白帳(仮)

独断と偏見で意見具申。空想特撮シリーズを始めとした特撮作品の鑑賞記録など。ネタバレ含。

ウルトラQアルバム―空想特撮シリーズ (ファンタスティックコレクション) 竹内博 編

 

竹内博氏が企画・構成を務めた「ウルトラQアルバム―空想特撮シリーズ (ファンタスティックコレクション)」を入手・読了しました。

 

f:id:zzzzzzzzzzzzzzzzzzzzzz:20170629002739j:plain

 

本書は、主題を「ウルトラQ」のみに絞った本格的な写真集である。

第一刷発行の日付は、1997年10月30日。現在から約20年前の書籍だ。

当時「ウルトラQ」の児童書、他のウルトラシリーズを含めたムック本が溢れる中、「ウルトラQ」だけで1冊の本が無い点から竹内博氏が企画、構成を務められた。

 

読者を配慮し放送順に沿って構成された本書は正しく、写真で振り返るウルトラQ

ページを捲る度に蘇るアンバランスな幻想の数々。

幻想の中に住む不気味で愛くるしい怪獣達の秘密と、幻想を創り上げたスタッフの熱意溢れる裏側と……

目星い写真の数々も然る事ながら、古怒田健志氏の判然たる執筆、ストーリーに対し熟考を重ねた池田憲章氏のコラムが絶品。

特にコラムは、監督や脚本への評価や考察、存じていなかった逸話が多々見受けられ、非常に有意義な参考となった。

セミ人間の非情さのヒントを得た生物…う~ん、これはなかなか衝撃でした。

(「育てよ!カメ」のコラムでは池田氏のちょっと御茶目な一面が見れて微笑ましい。)

他にも、怪獣の特徴や弱点が掲載された怪獣リストや特撮絵コンテ、「シナリオ全冊表紙展」と題して準備稿や決定稿、完成台本、キャンセル台本まで掲載され、終いには光学撮影を手掛けた中野稔氏のインタビューが公表されている。

 

本書では写真集の名の通り、主に直接フィルムから抜粋した写真、TBS番組宣伝部の写真、コマ撮り写真等が掲載されている。

竹内博氏の編集記後で語られている様に、中でも貴重なのは1987年頃に入手したと言うネガの無いTBS撮影のスナップ、ベタ焼き。

見慣れない、こりゃ初見だぞって写真は恐らく前述の通りであろう。

頭部植毛前のM1号クソワロタ

造形中のバルンガ、「カネゴンの繭」子役達のスナップ、ピーター(中村晴吉氏)に演技指導中の満田監督等…初見の写真は様々。

真剣な眼差しだけど、楽しそうに演出する川上特技監督が印象に残っている。

度々、頭部のみを出すガラモンのスーアクで有る高橋実氏がチャーミングで癒されたのは内緒だぞ!

 

"大人に夢を与えたい"と語る竹内博氏の「ウルトラQ」写真集、完成形、貴重な資料集としても評価したい一冊でした。同時に「ウルトラQ」の尊い世界への偉大さを再認識。

ちなみに…珍しい一平クンの御写真も有るよ。

特筆すべき206便の御写真の破壊力たるや名状し難いのなんの。

寄り添う星川航空の御二方は、もはや美術品と言いますか、美しい宗教画を眺めている様な気持ちになるね!